スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後も頑張らないよう頑張ります!

2016/10/09 (日)  カテゴリー/闘病のこと。

皆さま、大変大変ご無沙汰しております。
ご心配をおかけして申し訳ございません
あまり時間がないので、かなり割愛して報告させていただきます。

5月初旬のCT結果で、また胸水が溜まって来ていて、
抗がん剤治療が効いていない事が判明しました。
主治医とも、今後の治療をどうするか等を話し合いましたが、
とにかく胸水だけは早く止めなければ厄介であると考え、
昨年もお話を伺った京都のクリニックの方で
胸水の免疫治療を行うことにしました。

5月末まで母の白内障の手術や介護のことで、
またバタバタしておりましたが、何とか遣り終え、
ぎりぎり飛び込むようにクリニックにて
治療を始めたのが5月末。
外来にて連日治療を行うことになっていましたが、
その何日か前から腹部に痛みがあるのが気になっていて、
紹介していただいた京都の病院で診ていただいた結果、
腸の軽い詰まり、つまりは腸閉塞だと診断され、
急遽入院することになりました。
しばらく腸閉塞の治療とクリニックでの免疫療法を
続けましたが、腸閉塞は悪化したり良くなったりの
繰り返し、両足のリンパ浮腫も発症してしまい、
その他諸々色々あって、なんと、8月末まで、
京都の病院で過ごすことになりました。

8月末からは、今まで治療を続けていた、大阪の病院に
転院し、主治医や担当医、ケンヂとも話し合いましたが、
まだ腸閉塞を起こしているので抗がん剤治療は、
もちろん出来ませんし、体力的にも、また厳しい
副作用のことを考えると、抗がん剤治療を
続けていくことは返って命を縮めるだけだと
諸々判断し、緩和治療に移ることを決断しました。
緩和ケア病棟のある病院を調べ、友人や看護師さん、
詳しい方々にお話を伺ったりして、自分の行きたい
ところをピックアップし、ケンヂに面談に出かけてもらって、
予約してもらい、急でしたが、この9月末から
第一希望の緩和ケア病院の方に転院することができました。

不安がないと言えば嘘になりますが、
気持ちは前向きですし、痛みのコントロールも
完璧にしていただいております。
とにかく今の目標は、少しでも口から食事が
できるよう(4ヶ月絶食中)、先生もスタッフの方々も
出来るだけ希望に沿うよう勤めてくださっていますし、
5月の入院時から、ずっと24時間点滴だったのが、
こちらではほぼ同じ量を1日で3回に分けて
投与するため、点滴をしない時間が得られるので、
先日、脳梗塞で亡くなった叔母の病院へ出かけ、
顔を見ることが出来ましたし、移動して10日ほど
ですが、気持ちはかなり充実しております。
本当にありがたいことです。

今日も、外出して自宅へ約4ヶ月振りに帰って来て
おりましたので、こうして久しぶりにブログを
更新することができました。

また、できましたら、元気な様子をお届けできれば
嬉しいと思っております。

では、皆さま、その日までご機嫌よう!

寒くなったり、暑くなったりするようですので、
無理のないようにお過ごしくださいね。

ありがとうございました
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/10/14 (金) 23:37

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。