スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4クール目の退院報告と改めて気付いたこと。

2015/03/11 (水)  カテゴリー/闘病のこと。

いよいよ春の兆しが感じられて来たな~と、冬物コートとブーツを
しまった途端のこの寒さ
東大寺のお水取りが終わるまでは寒いといいますが、
今年も本当にその通りになりそうですね~。

今日は、東日本大震災から、丸4年。
ちょうど用事で来ていた母とともに黙祷し、改めてあの日から
4年生かされている我が身を思い、感謝しました。

皆さん、こんばんは~!
またまた、大変遅くなりましたが、4クール目の治療も無事に終わり、
先月25日に退院いたしました。

前回の記事でも申し上げた通り、3クール終了後から、
少し動きすぎた感があり、疲れたままの身体で治療に臨んだためか、
入院中から胃腸の調子が悪く、何やかんや文句言いながらも、何とか
食べることのできていた病院食が、とうとうほとんど食べられなくなり、
フルーツやパン、コンビニのフレンチポテトなど、とにかく食べたい!と
思うものだけを食べていました。
パン好きなことを知っている友人たちや、お昼や夕方におかずやお弁当を
差し入れしてくれる友人たちに、本当に助けられました

土日は、ほとんど帰宅し、外泊することにしていたのですが、
疲れそうやな~と、土日も病院に残り、出来るだけ身体を休めていました。

そんな退院前日の24日に、いつもエネルギー整体を施術し、
気付きを与えてくれる友人Oさんが、今回も来てくれました。
3クール目の時も施術しに来てくれて、「調子いいみたいやな~」と
言ってくれてた彼女が、私の身体に触るなり、
「もしかして、むっちゃ胃腸弱ってない?」と、いつになく神妙な面持ちに。
確かに弱ってはいたけれど、病院食が嫌なだけで、他のものは
口にできていたので、その一言で、私も一気に不安に

今までのことを話すと、疲れた状態の身体に、抗がん剤のような強い薬剤を
入れるんやから、そらしんどいのは当たり前やわなあと一言。

特に、この冬から春に変わる時期は、1年でも一番身体を休めて養生しないと
いけない季節らしく、ただでさえ父のことなどで心身ともに疲れているのだから、
動けるからと、動き回っていると、オーバーワークから胃腸の流れが悪くなり、
同じ時間睡眠をとったとしても疲れが取れなくなり、治癒力が機能しなくなるとのこと。

春が近づき、暖かくなるにつれて気持ちも活動的になるから、いつも以上に
心身ともにゆっくりと過ごすように心がけないと、後からしんどくなるし、
今、一番しないといけないことは、自己の治癒力を高めることなので
気を付けるようにと、アドバイスしてくれました。

また、父のこと(病気とこれからのこと)で、心煩っていることも告げると、
先のことなど、誰にもわからないのに、今悩むのは時間が勿体ないし、
なったとしても、どうにかならないことなど絶対ないよと諭されました。

ここで、ハッと気付いたこと。
これって、ほとんど、私が悩んでるがん友たちに励ます時に話してることやんか!
人には偉そうに話せるのに、自分がくよくよ悩んで、4年間同じことを
繰り返してるなんて、なんて愚かなんやろうと、またまた猛反省
Oさんにも笑われてしまいました。

また、薬膳、気功など中医学の勉強をしている東京のMさんも、
冬から春にかけての時期は、誰にとっても厄介な時期で、
中医学的にも特に養生が必要な季節。
腸の蠕動運動も滞りがちになるらしく、冬の間に溜め込んだ熱(毒)があるので、
解毒効果のあるものを選んで飲食するよう心がけるようにと
メールを送ってくれました。

色々なアドバイスをいただき、改めて自分を見つめ直し、
心と身体の声を良く聞いて感じ、休むべき時は養生すること、
そして、ネガティブな考え方を少しづつでも変えて行くことを
心に決めました。

特に今回、退院してからすぐに、洗濯ぐらいならと動いた結果、お腹が張り、
胃腸の動きが緩慢になってしまい、4年前の腸閉塞になった時を思い出し
(あの時も4クール目が終わった時だった)、ものすごく怖い思いを
したので、あの時気を付けておけば・・・と後悔しないためにも、
努めていこうと思っています。

今、余計な治療をすることは、命取りになりかねませんから、
本当に気を付けなければ

またまた、気付きをいただいて、目が覚めた気分です。

そうして、養生した結果、おかげさまで、昨日の外来の採血の数値は、
いつものように下がってはいましたが、前回と同じ頃の数値と比べ、
少しましになっていて、白血球の元になる単球も上がって来ていたので、
来週の外来は行かなくていいことになりました!やった~

血小板がかなり下がり、二日後に主治医の診察を受け、
薬剤減量を言い渡された前回に比べると、大きな差です!
やはり、疲れが左右するのですね。
4年半も治療を受けていて、そんなことにも気が付かなかったなんて、
ほんと、呆れ返りますよね

自分は元気だと過信し、動ける間に動いておこうと、
大袈裟ですが、生き急いでいたのかも知れません。

これからは、のんびりと構え、眠りたい時には横になり、
多少家が汚れようとも、しんどい時は掃除もさぼり・・・と書くと、
こらこらとお叱りを受けそうですが、それぐらいの大らかな気持ちで
過ごしたいと思っております。
(と言うか、いつも家は汚れている)

でも、動ける時は、身体が怠けないように、しっかり動きます。
体力も、この病気と闘って行くには必要ですからね

かなり長くなりましたが、お付き合いありがとうございました
今は元気を取り戻しておりますので、ご安心を

上記のように、今の季節は、病人だけでなく、健康な人も養生が
必要な時期なのだそうですので、年度末などで忙しい毎日を
過ごされていることと思いますが、出来るだけストレスを溜めず、
しっかり睡眠をとるようになさってくださいね

では、また体調を見ながら、更新させていただきます
次の入院は、来来週になる予定ですので、また報告させていただきますね!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。