スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡き先輩への感謝と入院のお知らせ。

2014/02/11 (火)  カテゴリー/日記

こんばんは!相変わらず、寒い日が続いておりますね~

丸山ワクチンを接種するため、2日に一度、内科に出かけますが、
日に日に風邪やインフルエンザの患者さんが増えているようで、
今日など、処置室がものすごいことになっていて、びっくり

私は、ただただ感染しないよう、マスクにイオン発生器を首にかけ、
出入口の辺りで、静かに精算を待っている状態ですが、
そんな時でも、明るく患者さんを受け入れ、励ましている先生や看護師さんって
本当にすごいなあと、いつも感動しています

さて、次の入院が、明日12日(水)に決まりました!
前の退院から10日ほどしか経ってませんので、毎日慌ただしくしておりますが、
おかげさまで、体調も良く、意欲満々でございます

最後の入院治療と信じて、頑張ってまいりますね~!!


このところ、若いがん友たちの体調や容態がすぐれないことが続いていて、
割り切らないといけないと分かってはいるのですが、落ち込んだり、一喜一憂したり
治療中の今、これではいけないと、気持ちを上げて行こうと思っていたところに
悲しい知らせがありました。

大学の軽音楽部の2つ上の先輩で、同じヴォーカルだったこともあり、
1、2回生の頃、会うと良く可愛がってくださった優しいM先輩。

彼に、肺腺がんが見つかったと知ったのは、2010年の7月。
ケンヂが地下鉄内で読んでいたスポーツ新聞の記事でのことでした。

その頃、私の知っている近しい年齢でがんになる人は、ほとんどなく、
ショックを受けたことを、昨日のように覚えています。
そして、その3ヶ月後に、まさか自分が宣告されるなんて、誰が予想していたでしょうか。

それからは、夫婦で、彼のブログを見ては、励まされたり感動したり
すでにステージⅣの進行がんであったが、いつも前向きで笑いを絶やさず、
生きるため、あらゆる治療に取り組んでいた姿勢に、すがすがしささえ覚えました。

しかし、このところ、新しいパソコンに替えてからというもの、
使い勝手が悪いのを理由に、ほとんどブログを見ることもなくなり、
時折、更新されているのを確認しては、元気にしてはるな~と思うだけになっていました。

伯父の三回忌であった昨夜、思うところあり、読んでいなかったブログを一気に読み、
昨年秋、のどが閉塞し、胃ろうの手術を受けていたこと、声が出にくかったことなどを知りました。
職業柄、声が出にくいこと、そして口から食べられなくなったこと、
どれだけつらかっただろうと察すると、涙がこぼれましたが、
ブログはあくまでも明るく、こんなこと、何でもないで~!と言っておられるようでした。

彼だけは、きっと大丈夫!と信じ切っていた、いや、信じたい思いが強かったので、
ショックではありましたが、共に戦ってきた者だけが分かる思いというものもあり、
「Mさん、よう頑張られましたね~」と、心の中で明るく声をかけさせてもらいました。

心の持ちようだと、理解はしているし、そのようにしたいと思っていても、
心は揺れ動くもの。

でも、だからこそ、ブログは正直であると共に、皆を励まし、笑顔にさせるものに
したいと、私もそう思っています。

M先輩!改めて気付かせてくれて、ありがとうございました!
一昨年いただきました、温かい応援メールとともに、心に刻み込みますね

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。