スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あびこさん節分会と退院のお知らせ!

2014/02/05 (水)  カテゴリー/日記

こんばんは~!厳しい寒さが続いてますね~

5回目の治療も無事に終了し、今月1日に退院して来ました!

今回も、前々回に出た神経痛のような症状が出てしまい、しばらくつらかったのですが、
段々と良くなり、やっと昨日痛み止めから解放されました~
ほんまに、痛みと気分悪いのんだけは、ご勘弁
まあ、そんなん言い出したらきりがないのですが(笑)

6回目の入院は、明日外来で採血を行い、数値が良ければ、12日以降になる予定です。
次が終わると、いよいよPETーCT検査!
どこも光らないで~~~と祈るばかりです


さて、退院した日が1日で、暖かかったので、
自宅最寄り駅にある、あびこ観音さん(大聖観音寺)まで
厄除護摩祈祷を受けに行って来ました。

あびこさん!
日頃、閑静なお寺も、お正月と節分時期は、大勢の人で賑わいます!

護摩木に願いを書いてもらい、山伏に護摩堂で護摩焚きをしてもらうのですが、
護摩木に書いてもらうのに、ものすごい行列!
20人ぐらい書く人がいて、その前に並ぶのだが、いち早く書いてもらいたいため、
家族バラバラに並んだり、異様にひっついて来たりする人がいて、
初めての人は、かなりうっとうしく感じると思うが、それもまた、風物詩のひとつ!

護摩木は、千円から三万円まであり、我が家はいつも五千円のん。
五千円から護摩堂での山伏による祈祷が受けられます。

願い事を、護摩木4面にぎっしり書いてくれます。
メインはもちろん、病気平癒です

書き終わると、今度は護摩堂での護摩焚き!

護摩焚き!
法螺貝と太鼓の音が鳴り響き、中では、大きな炎を巻き上げ、護摩木を焚き上げて行きます。
かなりの迫力です
幼い頃は、親たちに連れられ、この幻想的な護摩焚きを、いとこたちと
ボーッと眺めていたものでした。
待っていると、時折、炎に燻られた紙製の天蓋を交換するのか、その紙を分けてくれて
それを財布に入れておくと、火事にならなかったんだか、厄が落とせるんだったんだか
忘れましたが、いいことが起こると言われていたものでした。
もう、今は人も多くなったし、してないんかな~。

画像は、護摩焚きを待っている人たちです。おっ!こっちを見ている彼女、可愛いねえ~(爆)
待っていると、順番に名前を読み上げてくれるので、護摩堂の前に出ます。
1人ずつ係りの山伏が出て来て、願いを読み上げ、並んだ家族全員の頭と肩を
刀で軽く叩いてくれます。
身も心も、すごく清められた感じです

あとは帰宅して、授けられたお札などを家に貼り、1年お守りしてくださいと
お願いして終了です!

あ~、今年も無事に行けてよかった~~


節分厄除大法会は、7日(金)まで行なわれています。

300件とも言われる屋台や露店が出ますし、3件ほどある厄除け饅頭も
美味ですよ~

大分と端折りましたが、お参りするところも、他に色々ありますので、
厄年の方は、ぜひお越しくださいまし~

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。