スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の南座吉例顔見世とお知らせ。

2012/12/11 (火)  カテゴリー/観るもの!

いよいよ、冬本番のような寒さになってきましたね~
東京の友人から、テレビの天気予報が「真冬以上の寒さです!」と
言ってたから、どないな寒さやねん!と思わず突っ込んだというメールを
もらって、思わず吹き出してしまいました!

先週の退院から約一週間、早いもので、明日12日から5回目の入院となりました。
クリスマスまでには退院できそうなので、
今回も張り切って行きたいと思います

さて、先のブログでも書いておりましたとおり、南座顔見世に
本日行ってまいりました。

南座顔見世まねき
16時時点の京都は、晴れ。寒いけど風がなく、穏やかな感じ。

1階ロビーには、顔見世お約束のご祝儀が華やかなこと

五花街ご祝儀!


當る巳歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 
六代目中村勘九郎襲名披露 <夜の部>

第一  「仮名手本忠臣蔵 」
     五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
         同   二つ五の場
     六段目 与市兵衛内勘平切腹切の場
第二  六代目中村勘九郎襲名披露 口上
第三  新歌舞伎 十八番の内 「船弁慶」
第四  「関取千両幟」


第一の演目は、季節的にぴったりな「仮名手本忠臣蔵」五、六段目。
早野勘平は、仁左衛門さま
恋女房おかるの父を誤って鉄砲で打ち殺してしまったと思いこみ、
腹を切る勘平。しかし、そうではなかったと判明し、
見事、敵討ちの連判状に名を連ねることができた瞬間の
仁左衛門さまの嬉しそうな晴れやかな笑顔に、心鷲掴みにされました

いつ見ても、「勘平!早まるな!」と声をかけたい衝動にかられます。

第二の演目は、勘九郎丈の襲名披露口上。
坂田藤十郎丈の挨拶から始まり、幹部から若手に至るまで、
偉大な父を亡くした兄弟に、思いやりと励ましの言葉を贈ります。
勘三郎丈のお葬式が本日行われましたが、
「本日、父は荼毘に付され、肉体はなくなってしまいました。」と言う
勘九郎丈の言葉に、客席からも涙している音があちこちから聞こえてきます。
しっかり、力強く挨拶を述べるその姿に、本当に感動しました

ここで、夕食をば。
この頃、食欲はあるが、調子に乗って食べると、胃腸の調子が悪かったりしてたので、
野菜ジュースだけにしようかな~と家から持参してたのですが、
かなり腹減り状態だったので・・・

顔見世御膳!
「顔見世御膳」を購入。薄味で炊いた野菜や、ぶりの照り焼き。
栗の渋皮煮などヘルシーで、どれも美味しい~
抹茶の麩まんじゅうが、また美味でした~

お腹いっぱいにならないように、とりあえずご飯は半分残しました(笑)

第三の演目は、「船弁慶」。
勘九郎丈の二役が見ものの演目。
たおやかで、はかない美しさの静御前と、荒ぶる豪快な平知盛の亡霊。
そのコントラストが、見事の一言

新勘九郎丈、天晴れなり~

第四の演目、「関取千両幟」は、入院準備と身体を休めるため、見ずに途中退席。
残念

やはり歌舞伎は素晴らしい!と再確認できた一日でした
頑張って見に来て、本当によかった~


今回の席は、急遽チケットを取ったので、少ししか席が残っておらず、
そこから吟味し、1階中央の一番後ろから2番目列の一番端っこ(ややこしい!)に
しましたが、結構見やすい~

通路を挟んで、斜めすぐ後ろに仁左衛門さまの奥さまが、パイプいすに
座られていて、ちょっとびっくりしたりしましたが、なかなかよい席でした

しかし、やはりおしゃべりする人や、がさごそ荷物の音をさせる人など、
後ろに控えてる松竹の係の方に、何度も注意を受けてる方がいて、
興ざめでした。
本当に、何とかならんのかな~、これ。
歌舞伎を観る際の永遠のテーマなのかしらん

心配していた胃腸の調子も崩すことなく、無事に自宅に帰り着き、一安心!

頑張っている兄弟たちに勇気をもらい、私も明日から、頑張ってまいります

ノロウイルスなど食中毒や、胃腸風邪などが流行っていますが、
この急な冷え込みで、そろそろインフルエンザが流行ってきそうなので、
皆さま、くれぐれも気を付けてお過ごしくださいね

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。