スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちかねたぞよ!七月大歌舞伎!

2012/07/19 (木)  カテゴリー/観るもの!

7月8日は、七月大歌舞伎へ!
朝から、めっちゃ暑い日だったが、心は涼やか
なぜなら、ホント久しぶりに愛しいお方に会えるのですわん

琴さんと待ち合わせて、松竹座へ!
 
今回は、中村又五郎丈、中村歌昇丈の襲名披露もあり、
こんなしつらえが。。。

襲名披露!
おめでとうございます~

さて、昼の部演目は。。。

1.双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
2.棒しばり
3.荒川の佐吉


一つ目は、ふとしたはずみで人を殺めてしまった男が、再婚した実の母に会いに行くが、
郷代官に任じられた再婚先の義理の息子が、そうとは知らず指名手配の男を探しているのを
知り、2人の息子に挟まれ、心を痛める母と嫁。
全てを悟った2人の息子が、互いの気持ちを思いやり、片方は捕まろうと、片方は逃がそうと
する、人情味あふれるお話。

本来ならば、涙の一つもちょちょ切れるところであろうが、
私と琴さんの前の席にいる、小さいおばさんたちが、更にそのまた前方にいる
ガタイのよい、おまけに頭も盛っている迷惑千万なおばさんを除けようとして、
ウロチョロしたり、強引に見ようと座席から背を浮かすわで、集中できひん~

そのうち、2人で合わせたように激しく左右に動かしたりして、
「あんたらは、EXILEか!」「ワイパーか!」と
怒りを通り越して吹き出しそうに!

2つ目は、舞踊。
酒が大好きな太郎冠者と次郎冠者。外出中に酒を盗まれないように一計を案じた大名は、
次郎冠者に得意の棒術を披露させ、油断した隙にその棒に両手を縛り、
太郎冠者は後ろ手にして縛り、これで安心と外出するが、
2人は協力し合って、酒蔵へ忍びこみ、器用に酒を飲み、舞う。
ユーモアたっぷり~な演目

しかし、やはり前の2人は、相変わらずウロチョロ。
いよいよ、次の演目は、仁左衛門さまだ!
ここでウロチョロされたら、怒りで2人の頭を張り倒してしまうかも!と
思った私、辛抱しきれず、おばさま方に注意!

低姿勢で臨んだ私に、おばさまは一言。

「そやかて、見えへんのよ。」  はあ~、何ですとお~

ここで負けたらあかんと、

こあら 「わかりますけどね、それをされると私たちは、もっと見えないんです。」
おばはん 「前の人が邪魔で見えないの。」
こあら 「ええ、お気持ちはわかります。でもね。。。」
おばはん 「もう、全然見えないの。」

はああああ~ 疲れた。。。なんて自分勝手なおばはんなんや
しゃーない、次も、もししやがったら、ドタマ、かち割ったろ~と決心して、
3つ目に臨むことにしました。

「荒川の佐吉」
浪人に縄張りを奪われ、零落した任侠の親分に最後まで忠節を尽くし、
何の因果か、その娘が産んだ盲目の子供を引き取ることになった佐吉。
卯之吉と名付けられたその子供をひたすら愛おしく育てていく。
数年後、子供を強引に奪い取りに来た男と格闘、
捨て身になれば何でもできると、親分を襲った浪人の仇打ちに成功する。
親分になった佐吉は、卯之吉の幸せを願い、実の母に返すことに決め、
任侠の世界にいては、堅気の卯之吉のためにならないと旅に出るのであった。

ドロドロとした任侠の世界、裏切り、身勝手さが交錯する中、
佐吉と卯之吉の親子の愛情が、愛おしいほど爽やかに感じられ、
また、佐吉の兄弟分である辰五郎(新・又五郎丈)の変わらぬ忠誠、友情が
万感、胸に迫り、感動の一言である

さすが、仁左衛門さま 素敵なのですわん

さすがに前のおばはんたちは、前ほど動くことを止めてくれたので
助かりました。

しかし、年配の方の、芝居中のおしゃべりには閉口するばかり
本当に迷惑極まりない!
もう少し遠慮していただけるといいんですけどね~

楽しかった!
迎えに来たケンヂに撮ってもらいました!
琴さんのドット小紋、涼やかで素敵でした

9月は、中村勘九郎襲名披露興行!
楽しみですね~!頑張ってチケット、ゲットせねばです
スポンサーサイト

この記事へのコメント

せっかくの歌舞伎やのに、おばはん・・・お疲れ様でした^^;
以前関東の友人から「大阪の人ってしゃべりながら観劇するんだよね」って言われたことがあります。
あ~・・・そんなイメージなのか、と思ったことを思い出しました。。
ホントになんとななりませんかね~・・・九月は座席に恵まれますよう祈ります☆

ちえ | URL | 2012/07/21 (土) 08:39 [編集]

わ~!

ちえさん

いや~、ほんまに恥ずかしいね~、浪速のおっちゃん、おばちゃんは・・・。
テレビ感覚なんかな~?

この間は、前のおばちゃんだけじゃなく、後方に、ちょっと耄碌なさってるおじいさんがいて、
「何で泣いてんねん?」とかいちいち、舞台でおこっていることを口にしたりと、
気が散ることこの上ないマナーの悪さでした。

会場でアナウンスで注意しても、誰も聞いてないしね~。
ほんまに改善してほしい!松竹さん、どうにかして~!!

9月は、いい席でありたいわ~☆

こあらちゃん☆ | URL | 2012/07/21 (土) 22:47

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。