スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【病気のこと】その1。で伝えたいこと。~病院の選び方など~

2011/11/05 (土)  カテゴリー/闘病のこと。

さて、その1。で伝えたいこと、2つめは、「医師や病院の選び方」。

もし、がんと診断された場合、まず病院および医師選びが大切になってきます。
がんの種類によっても、進行具合によっても違ってきますが、
私の場合は、悪性であろうと最初に診断された病院から、違う病院を紹介して
いただく際、友人に聞いたり、ネットで調べたり、本で調べたりしましたが、
総合的に検討し、先生にも相談した結果、現在お世話になっているがん専門病院を
紹介していただきました。

がんのことすら、よく理解できない状況の中、超詰め込みで、病院を選ぶのは、
大変なことでしたが、私にとって重要な条件がクリアされていたのです。

一番重要視したのは、もちろん信頼のおける婦人科腫瘍専門医がいることでしたが、
婦人科だけでなく、外科や内科など、あらゆる全ての科にがん専門医がいると
いうことは、サポート的にも安心でした。
現に、最初の手術の際、癒着していて、直腸を摘出することになった時も、
消化器外科のがん専門医が執刀してくださいました。
そして、医師だけでなく、看護師などスタッフもがん専門のエキスパートたち。
その溢れる思いやり、励まし方、サポートの在り方など、
どんなに感謝したことか。まさしく天使のようでした。

そして、次の条件は、環境です。
まずは、産婦人科でないこと。
がん専門なので、婦人科だけであることは当たり前なのですが、
子宮と卵巣を摘出し、辛い治療を行う中、一方では新しい命を授かって、
お祝ムード満点というシチュエーションに耐えられたかどうか。
もちろん病棟などは別にしている病院も多いとは思いますが、
いつもは、何とも思っていなくても、気が滅入っている時には
しんどかったかも知れないな~と思うのです。

そして、入院患者のほとんどが、同じがん患者であること。
これは、本当に本当に大切なことでした。
この病院に決まってから、今日まで1年間、患者同志、励まし合い、
切磋琢磨しながら治療を受けてきました。
また、克服して元気になられた方などが、診察の際などに立ち寄って行かれ、
豊富な知識を惜しまず与えてくれたり、情報交換などを行ってきました。

また、女性特有なのでしょうか、病棟の明るいこと!
そこかしこで、おしゃべりや笑いが絶えず、入院仕立ての頃には、
『この人たち、本当にがん患者なん?』と不思議に思ったものでした。
まあ、すぐにその輪の中に混じったのは、言うまでもありませんが。。。

次の条件は、立地です。
私は、「大阪市内で、家からも会社からも近く、最寄り駅からすぐの病院」
という条件で探しました。

がんの場合、大部分が、長いスパンでの治療になります。
入退院だけでなく、その間の外来治療や検査なども、度々行われます。
状態が悪い時などは、毎日通院しなければならない時もあります。
辛く、しんどい時に、駅から遠いと、もうそれだけで気持ちが萎えて来る時が
あるのです。
病人だけでは、ありません。がん患者をサポートする心労を抱えた家族や
友人たちにとっても、重要だと思うのです。

ただ、いくら病院の条件がクリアされていても、肝心のドクター選びが
疎かではいけません。

でも、上記にも書いたように、正直な話、がんかも知れないと急に言われて、
急いでよい病院や医師を探すなんて、よほどこの病気に精通している場合や、
お身内やお知り合いに同じ科のがん患者の方がいらっしゃた方などでなければ
難しいことだと思います。

高名な医師に診ていただいたとしても、患者が怖気づいて、
言いたいことも話せないようではいけませんし、納得した治療が受けれないと
意味がありません。
また、最初の診察こそ、先生が行いますが、後は部下の先生が担当となることが
おうおうにしてあるようですし。。。

長いお付き合いをすることになる先生なので、何でも積極的に話すことができるか、
相性がよいか、何より信頼できるかなどが重要になってきます。

また、一度医師を決めたとしても、見解が異なる場合がありますし、
何より命がかかっていることですから、主治医任せにせず、
他院でセカンドオピニオンを受けるなど、納得して治療を受けられるのがよいと思います。

かくいう私も、手術は、名医と言われる主治医とサポートチームが行いましたが、
手術後から抗がん剤治療は、主治医の元、担当医が治療を行うことになりました。
担当医は、赴任されてすぐの若い先生で、最初こそ少し不安感がありましたが、
2度目の手術からは、何でも相談できるよい関係が築けていくことができました。
最後の退院後、CTの検査で良好の結果が出て、今後経過観察になる時点で、
担当医から主治医に帰ることになり、現在1回の診察を終えましたが、
緊張して、なかなか聞きたいことが言えないのが事実です。

とりあえず、次の診察までに言いたいこと、聞きたいことをメモに取り、
忘れることなく必ず聞く予定にしています。
何でも言い合える関係にしていかないといけないですね。

以上は、あくまでも私の場合の病院、医師の選び方でした。
もちろん、人それぞれ考え方も違えば、住むところも違う、千差万別
ありますので、一概には言えませんが、こういう例もあるのかと、
一助になれば嬉しく思います。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

お元気そうで何よりです☆
「この人達ホントに癌なん?」同じ事思われたんですね(笑)
ホントに明るい病室でした。私にも当時の同室の仲間がいます。心強い限りですよね。
6年目から年1度の検査に変わりましたが、
今だに結果を聞きに入る時は、ドアの前で一瞬足がすくみます(汗)
日々の雑事の追われてても真剣に命と向き合う大事な時間だと思えるようになりました。

kelly | URL | 2011/11/07 (月) 15:21 [編集]

ありがとうです!

kellyさん
ありがとうございます!
コメントいただけて、本当に頼もしく嬉しく思います!

やはりkellyさんも、同じことを思われたんですね(笑)
本当に女性は強い!
同じ病気と闘う友人たち、本当に大切です。大事に、共に歩んでいきたいですね。

経過観察の診察や検査、緊張しますよね。
血液検査だけでもドキドキするのに、CTやPETの結果なんて、プレッシャーで倒れてしまうかも!
kellyさんのおっしゃるとおり、命の重さを痛感する時間ですね。
この瞬間も、一日一日生きてることのありがたさを噛みしめなければ。。。!




こあらちゃん☆ | URL | 2011/11/08 (火) 23:23

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。