スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご心配をおかけしました!

2011/06/26 (日)  カテゴリー/闘病のこと。

みなさま、こんばんは!
ご心配をおかけしましたが、22日に無事退院いたしました

実は、前回のブログでお知らせしました、4回目の治療のための入院は、
前月31日に退院していたのですが、帰宅後に胃腸の調子がすぐれず、
二日後の6月2日、採血検査で病院を訪れた際にも具合が悪くなり、
緊急入院しておりました

採血の結果、CRP(炎症反応)値が、正常ならば0.3以下のところ、
33まで跳ね上がり、CT、胃カメラ、レントゲン、心エコー等、
数々の検査の結果、小腸での軽い腸閉塞を起こしておりました

治療を受ける際、副作用として現れる症状の中でも、なりやすいので
注意が必要とされていたので、ある程度覚悟はできていたつもりでしたが、
実際なってみると、ショックのうえ、何日続くか分からない絶食点滴状態
そして、予期していなかった超貧血で、二日続けての輸血を受けるなど、
かなり凹みました

しかし、先生や看護師さんたちスタッフの優しさあふれるフォローや、
家族や親せき、友人たちからの温かい言葉や励ましが、元気を出させてくれました

初めて、三分粥が食べれた時の嬉しさは、忘れていた初心を思い出しました!

そして、今回一番思い知らされたのは、身体に対する知識のなさ。

外来の際に来てくれる友人や、再入院して来る先輩、また新たに知り合いになった
同じ入院患者の方から、どんなに腸が身体にとって大事か、
どのような役割を果たしているか、また、食事療法などを伺い、
まさに目からうろこの状態

色々調べて、わかっていたつもりが、全然胃腸を労わっていませんでした

度重なる治療で、体重や体力が落ちたこともあり、毎日頑張って少しでも多く
食べなければ。。。と、一度目の手術で直腸を切除しているので、
腹八分目は心掛けてはいるものの、身体がしんどい時でも、治療で気分が悪い時でも
必ず食べるようにしていた私。。。
毎日、少しでも便通があればいいと思いこんでいました。

きっと、今回の4度目の治療で、休ませて欲しいと叫んだのでしょうね。。。
可哀想なことをしました

入院中に教わった、色んなアドバイスや、食事の方法などを取り入れ、
今後は、まず食事や栄養のバランスをよくし、胃腸、引いては肝臓など臓器にも
優しい身体作りをしていきたいと思っています

また、追々その状況や情報なども、お知らせしたいと思っております。
(なかなか、ブログが追い付かず、すみません

次回の5度目の治療は、少し遅れることになりますが、
今回の入院は、結果、私にとって有意義なものになりました

4度目の治療が少ししんどく、精神的にも参ってきていたので、
よい休息になったと気持ちを切り替え、次のステップへ移りたいと思っています

みなさまの温かい応援のおかげで、いつもいつも前へと進んで行くことができます!
今回も乗り切ることができました!ありがとうございます

次の入院までの間、身体と相談しながら、体力作りと精神的にも余裕を保てるよう、
ボチボチと頑張っていきますね-

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。