スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ平安絵巻!葵祭りへ!~前半~

2010/05/19 (水)  カテゴリー/京都

ずっとずっと行きたかった「葵祭り」。
今年は、念願の土曜日開催!
ちえさんが「らくたび」の京都さんぽツアーを予約してくれました!

京都烏丸で待ち合わせして、これまた、ちえさんのナビで
美味しいイタリアンをいただいたあと、
地下鉄で北山へ!

参加者総勢30名ほどで、そのほとんどがカジュアルな歩きやすい服装。
着物で参加は私たち4名のみ。だ、大丈夫かな~
不安に思いながらも、13時定刻に出発~!

今回のナビゲーター講師は、「らくたび」の山村氏。
昨年の京都エクササイズツアーのときにもお世話になりました!
本日は、喉の調子が悪そうで、声を出すのもつらそう~
でも、一生懸命、説明をしていただきました!

さてさて、北山駅を上がると、すでに照りつけるお日さまが~
すでに、お茶飲みたい~、休憩したい~、あの店見てみたい~と
脱落しそうな勢いでしたが、いよいよもうあかん!となる一歩手前で、
目的地に到着!さすが、らくたびさん!そこまで読んでおられたのかしらん??

まずは、深泥池(みどろがいけ、みぞろがいけ)。
氷河期からの生き残りの動植物たちが生息しているという学術的にも貴重な池。
他にも、心霊スポットとしても有名で、数々の怪奇話がある きゃ~!!

そんな、話だけ聞いてると、おどろおどろしいところのようだが、
とってもきれいな池ですのよ!

深泥池!
池の中央は浮島になっているのだとか!

深泥池生物群集
池の生物群集図。じゅんさいにミツガシワ。この自然を守っていかないと!ですね~。

住宅地をそぞろ歩き、またまたバテそうになる一歩手前で、
上賀茂神社の境外摂社である「大田神社」に到着!
今、ちょうど平安時代から続いている杜若が見ごろ
よい時にお参りでき、感激です

辺り一面、杜若なり!
辺り一面、杜若なり~!爽やかで美しい~
この杜若を見て、平安時代の歌人、藤原俊成が恋の歌を詠まれたそうな
雅じゃのう~!

あまりの美しさに。。。

ここでも、
こっち向いて~!
琴さんを撮る桃葉さん。(を撮る私。)
2人ともレースの羽織が綺麗です!

あっちでも、
綺麗だわ~!
いつも上質な装いのちえさん。

そっちでも、
杜若もきれいだけども。。。
杜若を撮るちえさんを撮る私(を撮る桃葉さん。あんがと!)


着物美人(んん?)が撮りまくっております!!


神社の前に、こんな碑が!

おおっ!この方の!
かの、魯山人の生まれたところだったのですね~。ほうほう。

しばし、杜若で癒されたあとは、上賀茂神社に仕える神官たちの屋敷がある
社家町を歩く。
上賀茂神社から流れる「明神川」に橋をかけて形成されている美しい町並みに
うっとり

明神川をはさんで。。。
この社家の中にも美しい庭園などがあり、明神川から水を引き、
また川に戻しているのだそう。
西村家のみ公開されているそうです。次回は拝観したいなあ~!

ふう~!暑さをすっかり忘れたひとときでした!

ここを過ぎると、上賀茂神社が見えてきます!

いよいよ、葵祭りに突入です~

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。