スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖父の計らい。

2010/03/02 (火)  カテゴリー/日記

土曜日は、母方の祖父の五十回忌。
最後だし、どこかのお店で会席とか、いろんな意見があったようですが、
「せっかくだから、子どもたちもみんなが集まって、家で料理を
作ってわいわいした方が仏が喜ぶと思う。」との長男夫婦(お嫁さんはプリ伯母!)の
意見に賛同。

早朝からチャリンコで伯母の家に行き、お花を活けたり、プリ伯母が作った
料理をお嫁ちゃんたちと盛りつけたりと大忙し

11時におじゅっさん(住職のこと)が来られるのに合わせて、
みんな集まってきた。

総勢30人!そのうち従弟の子供たちが11人!
上が中学生から下が3歳まで、わんやわんやの大賑わい

床が抜けるんちゃうか!と思うぐらいリビングと和室にひしめき合っているところに
おじゅっさん登場!
お経を読んでいる間も、全然じっとしていない困った子供たちだが、
こんなに集まるのは、ホントに久しぶり
いつもは毒舌でオモロイ住職も、これには目を細めるばかりなり

子どもたちだけではない。近くにいる従弟たちとはよく会っているが、
そうでない従弟たちとは、ほんとご無沙汰。
みんなで近況を話したり、小さい頃の話で盛り上がり、テンション上がる~

お赤飯!
お赤飯、豆ごはん、炊き込みごはんのおむすびや、

おでん!
味がじゅんだおでん

お寿司や、唐揚、プリ伯母得意の出汁巻き卵やお惣菜、盛りだくさんの
心のこもった料理に舌鼓!
本当に美味しかった~

私たちが年を重ねるのと同じく、母や伯母も年をとる。
おじいちゃんの話を懐かしそうにしている兄妹たちを見ていると
「年とったなあ~」とつくづく思う。
そして、少しでも長く元気でいて欲しいと願わずにはいられない。

そして、食事会のあとのコーヒータイム。
なぜか、写真を見ようということになり、
祖父母のセピア色の古い写真や、叔母たちの幼い頃の写真などが出てきた。
そして、そのうち、伯母や従弟たちの結婚式の写真も!
集合写真で、笑う笑う
プリ伯母の結婚式では、母に抱かれてる乳飲み子の私も登場!
従弟たちの結婚式の写真も懐かしく、こんなに綺麗やったのにな~発言勃発

わいわいがやがや言っているところに、
叔母から、「そう言えば、しーこの結婚式の写真見てないなあ」

そうなのです。私の結婚が決まって、もうすぐ結婚式というときに
一番下の従弟が24歳の若さで事故で亡くなるというショッキングなことが起き、
親はもちろんのこと、親戚中が悲しみに暮れ、その傷も癒えないうちに、
私たちの結婚式を迎えることになったのです。
レストランウェディングで、友人たちの付き合いが多い私たちが選んだのは
賛否ありましたが、両親だけを呼ぶ形式。

当事者の私たちも、親戚たちも色んな思いを抱えて臨んだ式だけに、
誰にも写真を見せることなく、終わってしまっていたのです。

「写真見たいわ~!もうこの子は呼んでもくれんと~!」と一番最初に
言ってくれたのが、我が子を失った叔母であり、私が産まれたときから
我が子のように可愛がってくれた人。

ふう~っとあの頃のことが思い出され、涙が溢れてくる。。。
「見てくれる?とってくるわ~!」とチャリンコで急いで家へ

「しーこ、綺麗やんか~!ケンヂさんもステキやで~!」と目を細めて
褒めてくれる。従弟も、他の伯母たちも天眼鏡片手に見てくれる。

何だか、ほっとして、肩の荷が降りたというか、許してもらえた気分に。。。
これも、みな、会ったことのないおじいちゃんの計らいのような気がした。
ありがとう。おじいちゃん!


私のウェディングドレスは、マリアベールだったのですが、
これを叔母たちは大層気に入っていました。

たまには、こうして懇親するのもいいなあ~とつくづく感じ、
みんな、元気でよかったな~と有難く、感謝する一日でした。

これもマリアさまのお導きか?!

マリアベール!

ちゃうちゃう! だから、おじいちゃんのおかげだってば!!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。