スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「沈まぬ太陽」を見た!

2009/12/06 (日)  カテゴリー/観るもの!

会社帰りに「沈まぬ太陽」を見に行きました。

仕事終わってからの、3時間超の映画はちょいつらいかな。。。と
思いましたが、いや~、あっという間でした!

激動の昭和を駆け抜けた男の戦い、生き方。。。壮絶なものがありました。

大作だけあり、端役に至るまで、主役級の役者がズラ~リ!
しかし、その大半が悪役!そういう意味でも豪華でした

特に三浦友和の役どころは、かな~り曲者。
自分の出世のために、媚び、陥れる淋しい男を見事に演じていた。
こんな演技もできはるんや~と感動。百恵さんも嬉しいね!

しかし、やはり、渡辺謙の演技に尽きるだろう
社員の、ひいては会社のために尽くしてきたのに、無情で理不尽な待遇を
押しつけられる、これもまた、哀しい男。
懲罰人事ともとれるパキスタン~イラン~ケニアへの9年間に亘る僻地への転勤。
帰国すると、今度は御巣鷹山の墜落事故で、遺族たちのお世話係という過酷な仕事。
でも、彼は僻地でも遺族係でも、精一杯業務に邁進し、決して戦いを諦めない。

渡辺謙だからこそ、このエネルギッシュな、真っすぐで不器用な役どころを
演じきれたのだろう。いや~、すごい役者です

家族との関係もまた、彼の度重なる転勤や、左遷による子供たちのいじめなど
離れ離れになるかという瀬戸際まできていたものが、
優しく思いやり溢れる妻、反発しながらも父の生き方を認めていく息子と娘、
そして、常に家族のことを考えていた父の気持ちが混ざり合い、
とっても素敵な家族愛の話になっている。

そんな家族を見つめる優しいまなざし。。。これがまた、慈悲の心が溢れてる。。。!
渡辺謙は素晴らしいアクターです

賄賂と汚職にまみれた巨大企業。
未曾有の大事故の真っただ中にいても、接待で芸者をよび、ホテルを買収し、
遺族の神経を逆なでするような行為をしれっと行っている第三者的感覚の奴らたち。

ゴルフや飲み会の話ばっかりやっている、うちの会社のオッサンたちが
どんだけ可愛く思えたことか!

明日から文句言わんとガンバローと思わざるを得ない作品でした!

でも、きっと一日もたんと文句言ってると思うけど。。。(その通りでした!)


☆おまけ!

パンフを買おうと、ショップに行くと、こんな可愛いものが。。。

チェブブーツ!
私の大好きなチェブラーシュカのサンタシューズ


クツを開けると。。。
中身とメモ帳
お菓子とチョコが入ってました!
下はメモ帳とミニ封筒セット!

思わず衝動買いしました


スポンサーサイト

この記事へのコメント

俺達は何処へ行っても芸術家たるアーチスト

現場監督も職人も誇りをもって仕事する限り、転勤や左遷あろうと何処へ行っても芸術家たるアーチスト:アーティスト。

智太郎 | URL | 2012/04/13 (金) 12:34

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。