スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わくわく静岡珍道中! 御前崎編!

2009/07/25 (土)  カテゴリー/旅行

牧之原から車で約30分、静岡最南端、御前崎に到着!

「グリンピア牧之原」の方に教えていただいた「御前崎海鮮なぶら市場」へ!


「やあ!いらっしゃ~い

かつお!でかっ!

巨大かつおがお出迎え~!!


とにかくお腹がペッコペコな私たち!
食事処がある 「食遊館」へまっしぐら~!

食券を買い求め、待つこと10分。

きゃ~!!待ちかねたわん~

生しらす丼!

有名な御前崎の生しらす丼!! めいっぱい入ってます
ふわふわ~な食感♪ 甘くて美味しいっす!

ガワ!

こちらは、「ガワ」という漁師料理。
冷たいお味噌汁という感じ!口当たりがさっぱりしていて◎!

新鮮なかつおのお刺身も、くせなく、プリプリしていて美味であった!


タペストリーも可愛い~

タペストリー!

全部たいらげ、満足したあとは、隣接している 「海遊館」へ移動!

白浜などと比べると、規模は小さいが、お魚は種類が豊富!!

金目鯛、かつお、まぐろ、かさごなどが、所狭しと並んでる~

しかも、安い!!市価の2~3割安で売られているらしい!

国内では駿河湾でしか獲れないという桜エビ!
釜揚げしたものを、ちょこっとおつまみ!

。。。。。うんま~~い  甘~い!

買って帰れなくてよかったわ~!ここで、散財してしまうところであった

海遊館にて!

。。。お魚、撮影したかったなあ~!

なぶら市場に来てから、ずっとかかっているのが、「みんなのなぶら市場」という曲!

♪な~ぶら市場、なぶら市場♪。。。これから以降の2日間、
ずっとこの曲が、4人の頭に残っていて、何かと言えばこのフレーズ!
。。。。困ったもんだよ、なぶらさん!

ちなみに、「なぶら」とは、かつおの群れの意味らしい。。。へえ~!


堪能したなぶら市場に別れを告げ、目指すは御前崎灯台

海と大地の調和をテーマとした「御前崎ケープパーク」へ!

車を降りて灯台まで登ると、中腹に展望台が!

地球が丸く見えるん台
「地球が丸く見えるん台」

すごい風だ~!

か、風がすご~い!!へ、ヘアスタイルが~!!


よっこらせっと!やっと灯台に着きました!!

御前崎灯台!

こちらは、あの有名な、「♪俺ら岬の~灯台守~は、妻とふたり~で~」の
舞台にもなった灯台!

喜びも悲しみも幾歳月

 「思い出すなあ~!♪おいら岬の~♪~」
 「。。。なんですか、それ?」
 「えっ!「喜びも悲しみも幾歳月」やん!ほら、加藤剛が灯台守で。。。!」
 「(あとの3人)知りませんわ~!」
 「。。。。。。(絶句)」

すっかり年寄扱いされつつ、灯台に登る!

中は狭くて、らせん状階段になっている。
はあはあ云いながら、頂上に這い出てみると。。。

海よ~!

海だぞ~~!!

360℃の大パノラマ♪ 爽快だあ~

。。。しかし、ひとり爽快でなかった人が。。。!

灯台こわい!
Kちゃん。ずっとこの調子!もう、壁にめり込むかと思ったわ~!
「変な汗で、ボトボトですわ!!(Kちゃん談)」

あ~、面白かった!

駐車場に戻ると、こんなオブジェが。

波乗りY‐ちん!

マリンスポーツ大好きY‐ちん!乗ってますね~
昔、海仲間と日帰りで、ここ御前崎まで来たことがあるそうな。
ご苦労さん!

さて、御前崎を後にして、浜松へと海岸線を西へと向かう!

でも、まだひとつ任務が残っておりまして。。。

それは。。。!

肉のやました

牛肉メンチを食べること

遠州夢花咲牛!

内閣総理大臣賞を受賞した、御前崎のブランド牛、「遠州夢花咲牛」

メンチ!!

美味しいと評判らしいメンチカツ!すんごいでかい!!

ハグッ!モグモグ!ん~。。。ジューシーづら~

お肉が詰まってて食べ応えありあり!
すっかりお腹がいっぱいになりまちた(またか!)!!

瞼も重い4人組み。 なんじゃらかんじゃらしょーもないことを言いながら、
宿泊先の浜松へ向かうのであった~!



次回は、浜松編です!乞うご期待♪


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。