スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都、歩いて食べてエクササイズ!京都観光編!

2009/03/10 (火)  カテゴリー/京都

さて、前回の続き。。。

男性ガイド(それも若い!)の赤い旗の元、ウォーキング&観光スタート!
そう言えば、京都でガイドしてもらうのって初めてやよな~!楽しみ♪

神宮道を南へと歩き、まずは三条通りへ。
三条通りのすぐ南側にある小さな道が、旧東海道だと教えてもらい、
天台宗門跡である「青蓮院」へ。 門前のクスノキが見事!

スゴイ!くすのき!
この寺で、9歳で出家得度された新鸞聖人のお手植えだと言われているそう。
明治期までは、本願寺の法主は、この寺で得度されていたとか。

そして、次は浄土宗の総本山「知恩院」。 法然上人入滅の地。
知恩院門前
徐夜の鐘を17人がかりで撞くことなどで有名なお寺だが、
三門の中央にある「華頂山」という額は、四畳半もあるそうです(画像)!
豆知識やねえ~!

そして次は、丸山公園内へ。
今は、梅も終わり、お花がないので寂しいなあ~と思っていたところに。。。

出た~  見つけた~

四つ葉のクローバー!!

ヤサカタクシーの四つ葉のクローバータクシー
1400台中4台しかないタクシーで、見ると幸せになれると言われているのだ
むっちゃ嬉しい~~

列を乱してはいけないので、写メ撮れなかったのが残念。。。

しかし、今回、夫婦二人で運を使い果たしているようで。。。なんだかこわい


さて、お次は、ねねの道の北の突き当りにある、通常は非公開の寺「大雲院」。
本能寺の変で自刃した織田信長・信忠親子を弔うために作られたお寺で、
創建当時は、今の烏丸にあるマンガミュージアムの場所に建っていたとのこと。

山鉾の形をしている「祇園閣」は、大蔵財閥の大蔵喜八郎が建てたもので、
設計者は伊東忠太。
中には織田信長親子の墓や、石川五右衛門の墓もあるらしい!
たまに特別公開されているらしいので、見れるとラッキーなのだそう!

さて、ねねの道を南下し、いよいよ高台寺へ!
豊臣秀吉夫人の北政所(高台院)が、秀吉の菩提を弔うために
開創した、あまりにも有名なお寺ですね~。

今は特別拝観中で、開山堂の天井に描かれた狩野派による龍図や、
近くの掌美術館で、霊屋の厨子の扉に施された、
名高い高台寺蒔絵が拝見できます。

高台寺特別公開!

今日はいい天気
広大な庭園を歩くと、汗ばむくらいの陽気!

北方を望む!
庭から北側を望む。左中央の山鉾の形をした建物が、「祇園閣」。

方丈前庭
夜間拝観のとき、しだれ桜とライトアップが幻想的やったな~

傘亭!
傘亭。 千利休の意匠で作られた茶席。伏見城から移築したもの。

竹林こあら☆
竹林でしばし、休憩~ 涼しい~!

面白かった!
いよいよ、出口。ちょっと歩き疲れたかな?

時間が来て、掌美術館前で全員集合!
これから、清水寺方面に向かいます。

二年坂の登り口で、またまたガイドさんの豆知識!
二年坂、産寧坂で転ぶと、2年ないし3年で命を落とすと
いわれていますが、産寧坂上がったところにある瓢箪屋さんで、
魔除けの瓢箪を購入すると大丈夫だそうです

ちなみに瓢箪屋さんは、産寧坂を登って、清水坂にさしかかる
右側にあります! 陶器のネコちゃんが窓を覗いているお店なので
知ってる人も多いかも?

いや~!しかし、すごい詳しいガイドさんやなあ~!
むっちゃ分かりやすいし~!と感心していると、
さっき、ケンヂが、「あの人、きっとすごい人やと思うねんけど。」と一言。
赤い旗、よう見てみ!と言われ、録画した画像を確認してみると、
「らくたび」の文字が。。。!

早速検索してみると、なんと、京都らくたびの代表、山村氏だったのです!
京都好きな方だったら、一度は目を通したことのある
らくたび文庫の創刊者で、何冊かはご自分で執筆されている。
もちろん、京都検定は1級をお持ちです!

いや~!どこまですごいねん!このイベント~
またまた、感動してしまいました。


次のお昼&カフェは、また明日アップします!

またご覧くださいね~! 小出しですんません

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。