スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マブいぜ!二月花形歌舞伎!

2009/02/11 (水)  カテゴリー/観るもの!

さてさて、やって参りました!美しい若きおのこたちの祭典が~
と言っても、ジャニーズ祭りではありません!
東京では、「新春浅草歌舞伎」と銘打って行われているこの会が
やっと、大阪にお目見えしました!
「二月花形歌舞伎」です

今回は、琴さんこけしさん、kaoさんとご一緒に!

心斎橋大丸の伊衛門カフェでお茶を楽しんだあと、
松竹座を目指して心斎橋筋を南下する間も、
「若いのもよいわねえ~!」「エキスを吸い取らなくては!」など、
すっかり、大阪のおばちゃん化した会話が弾む

松竹座の前は、すでにスゴイ人でごったがえしてました~!!

洋装ステキング!
和装すてきんぐ!

左から 片岡 ラブりん 愛之助 中村亀鶴 中村七之助
     中村獅童 中村勘太郎 市川男女蔵 市川亀治郎
     (以降も、敬称略します。)

今をときめく若きプリンスたち~ 
歌舞伎界も安泰ね

ワクワクこあら☆
 おばちゃん、嬉しいわ~!(琴さん、ありまとう!)

さ~て、演目は!

<夜の部>
一、吹雪峠
二、実盛物語
三、蜘蛛絲梓弦

まずは吹雪峠。
兄貴分(愛之助)の女房(七之助)と密通し、駆け落ちした
男(獅童)。その3人が吹雪舞う山小屋で偶然再会し、
繰り広げられる人間模様。

ラブりんの悔しくせつない抑えた演技が絶妙~!
ますます、仁左衛門サマに似てきはったなあ~
七之助の妖艶さ!本当に女じゃないのか??
獅童との絡みも、本当の男女のようで、なぜかドキドキ!
話し方、声も玉三郎さんに似てきて驚いた!
(叔母様の波乃久里子さんにも似てるが・・・!)
獅童の声を枯らして懇願する演技に、なぜか客席から笑い声が。
芝居に気を入れてしっかり見ていれば、笑うどころの場面では
なかったはずなのだが・・・はて・・・。

二番目は、実盛物語。
おなじみ源平物語の一つ。
実盛役の勘太郎。非常によい立ち役ですなあ~!
上品で男らしい!
うちの25倍オペラグラスでのぞくと、
1階席なら毛穴まで見えそうなぐらいよく見えますが、
今回は、のぞいた途端、のけぞりそうになりました!
なんと、勘太郎くんが私を見て演技をしているではあ~りませんか!
(もちろんそんなはずはない!キッパリ)
胸に矢が刺さりました ズキ~ン!
またまた私の歌舞伎コレクションに加えなければ・・・
亀鶴の葵御前も、気高く美しい~

さて最後は、蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)。
能の「土蜘蛛」が原作の、魔物である土蜘蛛を退治する舞踊劇で、
病床の源頼光(勘太郎)を狙う土蜘蛛の精が、姿を幾度も変えて
やってきては暴かれて、蜘蛛の糸を出して退散するといった
六変化の早変わりを亀治郎が演じるのが、今回の目玉!

いや~!素晴らしかったっす!
魔物らしく、すっぽんから出てきては、上手へ飛びこみ、
花道から走ってきては、奈落へ消える。
しまいには、花道奥の鈴をチリンと鳴らして、観客の目を
そちらへ向かせてる少しの間にどこからかやってきて座っていたり!
変幻自在

なんとも、華やかな舞台でありました

今回の座席は、後ろから2番目の花道横で、
歌舞伎初心者というこけしさんが間横席。
「興奮して、夜寝れるかな~!」というぐらい
喜んでいただけてよかった~!

これを機にどんどん、歌舞伎を好きになっていただければ
幸いです! 
※私は、松竹の廻し者ではありません!

記念撮影!
最後にパチリ~ 
左から kaoさん わたし 琴さん こけしさん

皆さま、ありがとうごじゃりました!


この日の着物は!

江戸小紋コーデ!
グリーンの江戸小紋に、赤い花が映えるざっくり帯。

琴さんグッズ!
帯まわりは、琴さんキラキラ帯留と、根付も琴さん手作りチョコレート!
もうすぐバレンタインだからね♪

節分月ということもあり、選んだ今回の江戸小紋。
「大根とおろし金」。
大根役者を役からおろす、つまり「厄をおろす」という縁起のよい柄なのだ!
大根とおろし金

まあ、今回は大根役者など、一人もいなかったけどね!

ああ!昼の部も行きたかったわあ~


【 おまけ 】

家に帰ると、何やら美味しそうなにおいが・・・・!

ミネストローネ!

じゃ~ん! ケンヂ特製のミネストローネ!!

むっちゃ久しぶり~

晩ご飯は食べたけど、美味しく美味しくちょうだいしました 

ありがとうね!うちの花形ケンヂ

スポンサーサイト

この記事へのコメント

歌舞伎らぶ♪

ご一緒させていただけて、ほんにシアワセな一日でございました。
目がハートになるとはこのことですねー。
こあらちゃん☆の的確なレポートを読ませていただいて
あのときのトキメキがまたよみがえってきましたわいな~。
あ、鼻血が。。。

愛之助さんは顔見世で一度拝見しているのですが、
やはり今回は生き生きとしておられたように思います。
重鎮がどどーーんと迫力ある演技をされるのもいいですが、
若手がそれぞれにハジけているのも、ほんまいいですねー。
花道を、額に汗をキラキラさせながら、まっすぐな瞳で走り去る姿を
観ていると、胸がじーんとしちゃいました。
とくに七之助さま・・・。

今回は若い女子がたくさんお着物で観劇されていて、
日本もまだまだ安泰だーとも思いました。

ほんとうにステキなひとときをありがとうございました。

そうそう、わたし似のオトモダチにもよろしくー。

kao | URL | 2009/02/11 (水) 11:07 [編集]

ありがとうございました♪

こんにちは♪
当日は本当にお世話になり、ありがとうございました。
興奮冷めやらずとはこの事で、今もプログラムを前にこあらちゃんのレポートを楽しんでました(^^)
吹雪峠で初心者の気持ちをすっと楽にして(台詞等現代的)
実盛物語では、じっくりとお芝居を楽しませ、ほろっとさせる温かさ。
最後の蜘蛛絲梓弦は、ショー的な舞踊もあり、早代わりの楽しさでお客さんの心をグッと掴む演出。素晴らしいですね~
花道傍のお席を頂いて、心の臓が口から飛び出るかと思いましたわ(笑)
kaoさんが言われるように、胸がジーンとしました。
あれだけの熱演なのに、次の登場では綺麗なお顔ですーっと出てこられるってすごいですよね(早代わり)
厄落としの着物柄ってそういう意味だったのですね(^^)
さすがに着物姿の方が多かったですが、皆さん色々趣向をこらしてお召しの様子、私もいつかそうなれたらいいなぁ~
おっと、コメントが長すぎですね・・・^^;ごめんなさいm(--)m

こけし | URL | 2009/02/11 (水) 12:10 [編集]

キラキラ☆

kaoさん
こちらこそ、ありがとう~!
本当に楽しく、シアワセな時間でしたね(^^)

私の感想なぞ、歌舞伎通の方から見ると
恥ずかしいばかりなのですが、
ついつい熱くなってしまいましたわん!

「額に汗をキラキラさせながら、まっすぐな瞳で走り去る姿」
う~ん!名言です!まさしくkaoさんの言われるとおり!
そう言う意味ではスポーツ的な要素もあるのかも!
ラブりんも七之助さんも、みんな光ってる~☆
ホント・・・若いっていいですわね!あっ、私も鼻血が・・・!
ますます、歌舞伎から目が離せませんわ~♪

kaoさん似のFちゃん!ぜひ会ってもらいたいわ~!

こあらちゃん☆ | URL | 2009/02/12 (木) 23:58

感動!

こけしさん
いやはや、いやはや、楽しかったですね~!
若い衆の活躍に、すっかり引き込まれてしまいました!
一生懸命って素晴らしい☆

「あれだけの熱演なのに、次の登場では綺麗なお顔ですっと
出てくる」
そうなんです!!私が歌舞伎に魅かれるのは、これが
ひとつの要素なんです!
わ~!なんだか語りたくなってきた!
喜んでいただけてよかったです♪

着物姿の方たちも、近頃急に増えました!
目の保養になりますね~!
こけしさんのコーデ、ばっちりでしたよ!

こあらちゃん☆ | URL | 2009/02/13 (金) 00:17

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。