スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年目のできごと。感動編!

2011/09/27 (火)  カテゴリー/日記

9月23日は、私たち夫婦の10年目の結婚式記念日でありました

少しずつですが、体力も回復してきたこともあり、今日は一日お出かけすることに!
朝からフォンテーヌへ出かけ、いつもかぶってるヅラ、もといウィッグを
6ヶ月点検に出してから、地下鉄でケンヂと、寄席でおなじみの「正覚寺」へ。

昔から、迷いや悩みがあると、お墓やプリンセス伯母んちの仏壇に手をあわせたり
(最近は、すっかりおろそかになってますが。。。)、
何年か前も、高野山で写経をしたりして、折に触れ、仏門に心の安寧を求めていた私。

退院して、身体は徐々に回復していくけれど、心はどうしても不安定になりがちで、
落ち込んでいた時に、正覚寺さんで、彼岸会を催されると伺い、
檀家さんに混じって参加させていただくことになったのです。

ご住職のお声は、よく通る優しいお声。晴れやかな秋空に心地よく響きます。
私たちも経本をお借りし、ご唱和させていただきましたが、
不思議と心が落ち着いてくるのがわかります。

お勤めの後は、ご住職によるご説法。

今回は、「六道(地獄、餓鬼、畜生、人、修羅、天)の世界」について。
人間は、もちろん「人」に所属するのだが、人の心の中にも、生きている間、
常に六道(の状態)があるということを説かれました。
心の持ちようで、地獄道になることもあれば、天の道になることもある。
その例として、ご住職のお知り合いのがん患者さんのお話をされました。
その方は、告知を受けて治療をされる際、「闘病」ではなく、「共病」すると
決心されたそうです。
それは、がんは命を脅かす恐ろしい病ではあるけれど、
がん化した細胞は自分の一部。
ならば、それもいとおしいものと捉えて、どこまでがんと付き合っていけるか、
「闘病」ではなく、共に生きる「共病」として、今も抗がん剤治療を受けながら
頑張っておられるというお話でした。

ご住職のお話を聴きながら、いつしか涙がこぼれ落ち、止まらなくなる。
この約1年間の辛かったこと、しんどかったこと、嬉しかったことが
走馬灯のように思い出され、浮かんでは消えていく。

今の自分は、一日24時間の間にも、一喜一憂があり、
ご住職の説かれたとおり、常に六道が心の中にあります。
死ぬときは死ぬし、どうにかなるさ、と楽観的に考えているときもあれば、
死ぬのは絶対いやや、と怖くてたまらないときもある。

心までがんになってはいけないと、よく言われることですが、
常に再発や転移に怯えてる自分がいるのは事実。
その気持ちに折り合いをつけて、受け入れて、心穏やかに
生きていくことにはまだまだ時間がかかりそうです。

がんになったことは、残念だし、悔しいことだけれど、
なぜかがんを恨んだり、憎む気持ちがそれほどわかない。
むしろ、自分を責め、手術をすると決まってからずっと、
「無理させてごめん。」と自分の身体に謝ってばかりいました。
それはやはり、自分が生み出してしまった細胞だからなんだと思います。

病は気からの言葉どおり、気持ちの持ちようで、「絶対に治してみせる!」
という心意気が、がんを治すには何より大事。
その意味では、やはり「闘病」になると思いますが、
この病気になったからこそ、知り得るものもあった。
辛いことばかりではなく、嬉しいこともあったし、何より思いやりの心を
たくさんいただいた。
身体は痛くても、心は温かく、ある意味充実していたのです。

「共病」とは、私にはとても言えませんが、人に生まれて、これがこの世での
私の修行なのであれば、いち早く復活して、お世話になった方たちに尽し、
一人でも多くの人が、がん予防できるようにしていくこと、がんを患っても、
こんなに元気になれるんだと身を持って示すことが使命なんだと
感じています。

でも、もし私のがん試料が、少しでも医療の進歩にお役に立てたのであれば、
「よくやったな!」と褒めてやりたい気持ちになるのは、
一種の親バカなんでしょうかね

こうした気付きを与えてくださり、不安な気持ちを整えてくださった
ご住職と、快く参加させてくださった奥さまに心より感謝します。
本当にありがとうございました!

心晴れ晴れ、ケンヂと次の場所へと向かいます!
スポンサーサイト

やっと芽生えた!

2011/09/22 (木)  カテゴリー/闘病のこと。

最後の退院から1ヶ月が過ぎ、ようやく毛が生えてきました

それも、先々週のタコ焼きパーティーの際は、つるんつるんだったのが、
先週頭から、ニョキニョキ伸び出し、ただいまグングン急成長中

特に、眉毛と睫毛の伸び方すさまじく、あんなに元のありかが分からず、
書くのが困った眉毛など、長さこそまだ揃ってはないけれど、
無事に生えて、元の星飛雄馬ばりの太さに回復。
睫毛も上下とも、けなげに頑張ってます!

髪の毛も、順調に育ってきて、「僕の方が、この半年長かったのに。。。」と
悔しがるケンヂを尻目に、優越感に浸っています けけけ!

髪の毛や体毛が、人の急所を守ってることは、知ってはいたけれど、
実際に抜けると、本当に困るという事が、身を持って分かりました。

まずは汗!頭にかく汗は、髪の毛があるから、ある程度留まっているけれど、
髪がないと、そのまま顔に落ちてくる。
顔に落ちる汗は、眉毛&睫毛でブロックするけれど、これもないと、
直通で目に入ってくるので、非常に危険なのです!
それも、『暑いな~』と思った瞬間に、つーっと伝わり落ちる時のスピードは
結構早く、目にストライクで入った時の痛いことったら
ウィッグで外に出る際など、常にハンカチを持っている状態でした

次に埃!睫毛がないと目に、鼻毛がないと鼻に、埃が入り放題です。
息を吸う度、埃っぽい臭いが上がってくることが何度もあり、
鼻をかんだり、洗ったり、気持ちが悪いことったら。
でも何より怖いのが、ウイルスなどの侵入!
マスクをしてても、風邪など引かないかと常に心配でした。
抗がん剤治療で、白血球(免疫力)が下がっている時は、ちょっとした風邪でも、
命取りになる場合があるのです

今まで、髪のクセが気にいらん。いっそ失くなればいいのに!と思った
こともありますが、髪があるだけでも、本当に有難いことなのです。
まあ、あと何年か経ったら、喉元過ぎれば。。で、同じことを言ってるかも
知れませんがね(笑)
それはそれで、元気になった証拠なのでいいんですがね~!

今はただ、身体を守ろうと懸命に生えてきてくれているこの子たちに
感謝です

ホンマ身体って、神秘的やわ~


追伸。
ちなみに、一番早く生えてきたのは、口ひげでした!
それも、剃刀をもう使用していいのか分からなかったので、
最近までボーボーでした
いややわ~、オッサンみたい

楽し嬉し☆タコ焼きパーティー!

2011/09/15 (木)  カテゴリー/食べる!

先週金曜日は、ケンヂが珍しくお休みがとれるということで、
うのはなっちと琴さんも一緒に、桃葉さんのお宅に出かけることに!

この日は残暑厳しく、車に乗ってても暑いぐらいだったが、
みんなに会える嬉しさに、ご機嫌モード満開

到着すると、早速みんなでタコ焼きの準備スタート
私は粉担当。いりこ粉を入れて、少ししゃぱしゃぱ目に作るのがコツです!

さああ!タコ焼きパーティーの始まりです
お茶&ビールで乾杯
私の退院と検査結果OKのお祝いも兼ねてくれました!ありがとう~

ものすご~くスピーディーに段取りも進み、

タコ焼き焼けた!
タコ焼きが出来上がりました!!立ち上る煙でレンズが曇る~!

むふ!むっちゃ久しぶりや~ シアワセやな~

そして、持ち寄りの一品たち。。。

鶏と野菜の塩麹炒め!
うのはなっちの鶏と貝柱と野菜の塩麹炒め。
これぞ、いい塩梅!色んな野菜が入ってて、とってもヘルシー!
クセになりそう

万願寺とうがらし&オクラの肉巻き!
桃葉さんの万願寺とうがらし&オクラの肉巻き。
素材を活かしたあっさりとした味で、いくらでも食べれそう
さすが、うしやさんの牛肉!甘い!
あー、やばいやばい。腹八分目、腹八分目っと

小なすの炊いたん!
私は、小なすの炊いたんを!
あまり市場に出回らない小なすちゃん。とってもラッキーでした!

そして、デザートには、もちろんコレ!

おなじみ琴ロール!
わお~!久しぶりの琴ロールジャスミン茶とともに!
んんん!溶ける、溶ける。。。もう、これは奇跡の味やね!

他にも果物や美味しいそうなものがいっぱいで、量を調整するのが難しい

満腹に近いくらい食べたし、肉もケーキも長い間食べてなかったので、
きっと身体がビックリしたと思うけど、嬉しい悲鳴やね~

ずっと、しゃべり続けてたけど、疲れるどころか、元気モリモリ
とってもとってもハッピーな一日でした

みんな、ありがとう また、よろしゅう頼んます~

退院後の近況報告とおまけ!

2011/09/07 (水)  カテゴリー/闘病のこと。

こんにちは! 随分と過ごしやすくなってきましたね~
では、近況報告をば!

副作用による手足の痺れは、少しずつマシになってきており、
食事の量も段々と多くなってきて、比較的元気にはしてるのですが、
体力は、まだまだ回復せず、少し用事しては休みの繰り返しです。
2週間ほど前からは、息苦しくなったり、急に汗が噴き出したり、
立ちくらみが起こるという、自律神経系の症状も出てきています

しかし、最後の抗がん剤投与から1ヶ月経っていて、
新たに副作用が出ることも、まずないと思うので、
1月に受けた、二度目の手術で、卵巣、子宮を摘出していることによる
卵巣欠損症状(更年期障害と同じ症状)が出てきているのかも知れません。

抗がん剤の副作用と卵巣欠損症状が、重複しているところがあるので、
ややこしいのです

女性ホルモン(エストロゲン)の補充を受ければ、改善されるのだろうけど、
私のがんは、卵巣がんの組織型なので、補充による再発の可能性を考えると、
ちょっと。。。と躊躇われ、以前、担当医からも、抗がん剤治療が終了してから
補充については検討しましょうと言われていたので、
とりあえず先週、一番気にかかっている骨密度の検査(DXA法)を行いました。

そして昨日、2週間前に受けた腹部CT検査と、骨密度の検査結果が出ました!!

CTの結果は!ジャ~~~ン!再発、転移は認められないとのこと
抗がん剤が、よく効いていたということですね!頑張ったかいがあったよ!
2つあったリンパ嚢腫も、1つは消えていたそうで、思わずガッツポーズ

骨密度も、20歳~44歳までの日本人女性の骨密度を100%としたときの
比較で、94.5%と問題なしとのこと!!

今、目の前にあった心配事が払拭されて、嬉しい気持ちでいっぱいです

しかし、ここで安心しきってはいけません。

再発の可能性が高いがんではあるので、引き続き食事に気をつけ、代謝のよい身体にし、
早寝早起きを心がけ、適度な運動をし、ストレスの少ない生活ができるよう、
努めていかねば、と今新たに思っています。

卵巣欠損症状も、漢方やイソブラボン(大豆製品)を摂るなど、ホルモン補充をしない
で、症状を和らげていきたいと思っており、昨日処方していただきました。
この辺りのことも、いずれ闘病記で書いていこうと思っています(いつになるやら

引き続きボチボチと頑張ってまいりま~す


おまけ

骨密度検査に行く前に、皮膚科へ行こうと、心斎橋に行った際、
早く着き過ぎたので、心斎橋大丸で最終日だった「リカちゃん展inOSAKA」へ。

リカちゃん展!

開店すぐに来店したのに、気がつくとまわりは、おかあさんとこどもたちでいっぱい!
え~!っと思っていたら、可愛いお洋服やコスチュームを見に来られた風な
若い男子や女子もチラホラ。よかった~

でも、確かに有名デザイナーや企業とのコラボコスチュームの
なんと可愛らしいことったら

全て撮影してもよかったので、ブログ掲載してもいいのかな~とも思ったのですが、
ちょっと遠慮して、2点だけ!

ファンシーダイヤモンド・リカちゃん!
ファンシーダイヤモンド・リカちゃん
なんと、681ケ、総カラット51433ctというダイヤモンドを身にまとった
ゴージャスリカちゃん!お値段1億円相当だそうな。
もちろん、非売品だそうです!

あと1体は。。。

小野小町リカちゃん
小野小町リカちゃん。
ちょっと首が埋没してるのが気になりますが、
リカちゃんに十二単を着せるとは、面白いですね!

初代リカちゃんから最近のリカちゃんまでと、その家族、友達や、
お店などの変遷もあり、とっても懐かしい気持ちになりました。
「あ~、これ欲しかったけど、買ってもらわれへんかったお店や~」とか
「友だちが持ってて、よく遊んだな~」とか、
それもこれも、30数年前の話だなんて。。。はああ(深いため息)

いや~、思ったよりもテンション上がりました
可愛い~と思える気持ち。。。大事ですね~!
女子力、アップさせなくっちゃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。