スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省の帰りにちょこっと高知へ!(後編)

2014/09/03 (水)  カテゴリー/旅行

さて、お待ちかねの夕食は、魚の棚商店街にある「居酒屋 中洲」へ!

中洲前にて!
いそいそとケンヂが入ります。楽しみにしてたもんね~

ケンヂの高校時代からの友人であるOくんが、5,6年前、高知勤務だった時に、
お勧めであったお店で、帰省の際に、よく一緒に訪れていたらしい。
私は一昨年が初めてで、今回が2度め。
新鮮な魚介が鱈腹いただける、心地よい居酒屋さんです!

店に入ると、人の好さそうな大将と、美人な奥さんが迎えてくれます。
この日は、来客が多く、2年ほど前こちらでお手伝いしていたという、甥御さんが
爽やかな笑顔で、テキパキと対応されていました。
親戚の方々とお客さんとして来てらしたのに、申し訳ない

さて、御馳走をご覧あれ~!

鰹のタタキ!
まずは、鰹のたたき!
茗荷や玉ねぎで埋もれてますが、下にあります。たっぷ~りと
ん~~、香ばしくて弾力があって美味しい~~
また、しばらく大阪では、鰹のたたき食べられへんようになるな~
本当は、塩たたきが食べたかったんだけど、脂ののりが悪いからと
出してもらえませんでした。
納得のいかないものは出さない。大将のこだわりです

うつぼの唐揚げ!
そして、うつぼの唐揚!うつぼ、一度食べてみたかったんです!
おおお~~!淡泊な中にもしっかりとしたうま味があり、
もちっとした触感は、引き締まった身を感じさせる。。。くせになりそうな味や~

はちきん地鶏のたたき!
こちらは、はちきん地鶏のたたき! すごいボリューム!
「はちきん」とは、高知弁で、男勝りの女性という意味だそうだが、
本当にパワーみなぎる地鶏!食べ応えあり!ふうう~実に旨い

御馳走じゃ~!
こちらは、新鮮で甘い、剣先いかのお刺身と、
磯の風味が素晴らしい~!四万十のり天。

そして、最後は。。。

鰹の刺身と清水さば!
鰹のお刺身!なんと、大将のサービスで有名な清水さばの刺身も!
少しほろ酔いのケンヂさん、感激で目に涙が。。。

ご存知の通り、鰹も鯖も足が速く、新鮮でないとお刺身にできません。
私は、もうお腹がいっぱいで、お刺身は食べられませんでしたが、
それはそれは、美味しかったそうです

お酒も美味しく(温かいお茶も美味でした)、心優しい人たちに接し、
実に素晴らしいひとときでした
花火大会は、見れませんでしたが、いい気分でホテルへ帰りましょう~!

すごい自動販売機!
帰る途中、同じ商品がずらりと揃った自動販売機が
きっと、よさこい仕様だったのよね~。

この日は、心地よい疲れで二人とも爆睡~
明日も、お出かけしますよ~!

さて、元気に起きて、まず朝食をば

パンケーキ!
ホテルに併設してるカフェで、いただきます。
一昨年と席も同じ。陽光が射していい気分~
和食か洋食か、どちらにしようかな~と考えていたら、
なんと、パンケーキがあった!!やった~~~
ケンヂは、和食をチョイス。和食も美味しそうだったな~。

美味しい朝食をいただいた後は、朝の散歩に。
今日は、木曜日。 県庁近くで毎週行われている「木曜市」へ!

木曜市!
100店舗ほど、軒を連ねる光景は壮観です!
野菜、果物はもちろん、無添加のパンやお菓子なども売られていて、
見てるだけでも楽しい~

路面電車!
土佐電鉄の路面電車が、次々やって来るのも、情緒があっていいものです
アンパンマンのん、撮りたかったな~。

帰りは、再び高知城へ。
昨日見た時、追手門のお堀の蓮がかなり膨らんでいたのです。

お城の蓮!
おお~!すごい!綺麗に咲いています
それも、白、ピンク、イエローと3色、咲き乱れてます。美しい~

いや~、朝から、清々しい気分です!

この後、ホテルに帰り、チェックアウト。
お土産を見に、市場に立ち寄ったあと、お昼を食べに「鳥心」へ。

チキン南蛮!
高知と言えば、チキン南蛮!すごいボリュームです!
こちらは今回で3度目ですが、もう止められません!
ジューシーで、少々濃い目の味ですが、塩だれドレッシングのサラダと
ナイスコンビネーション~
ケンヂは、唐揚げに酢醤油をかけた、酢だれを。こちらもいいね

もう、お腹いっぱ~い 余は満足じゃ~
そろそろ、高知を出て、帰途に着きます。
ありがとう~、高知!また、立ち寄りますね~

高速に乗り、愛媛を抜け、徳島へ。

藍住で降り、「藍住茶房」でお茶することに。

藍住茶房!
ハニーミルクラテに、茶房甘味セットを付けたらば、このボリューム
茶房甘味セット、なんとこれで200円
コスパ超高し

最後まで、驚きのグルメな二日間でした~ 恐るべし四国!
あ~、美味ちかった~

これに味をしめて、帰省の際のお約束になりそうです。
お付き合い、有難うございました~~

スポンサーサイト

帰省の帰りにちょこっと高知へ!(前編)

2014/08/31 (日)  カテゴリー/旅行

8月12日は、愛媛のケンヂの実家へ、久しぶりの帰省。
台風の影響で、かなり雨が降った四国。

いつも穏やかに流れている吉野川も、こころなしか増水し、
流れが早くなっているような感じが。。。

四国三郎!

朝5時に出て、渋滞もなく、スイスイと実家に到着。
亡きお義父さんにお供えして挨拶。ただいま帰りました!
お義母さんもお元気そうで良かった~
買い物や、ケンヂはお墓の掃除など、色々お手伝いして
義母に、あまり手数かけないよう、実家には一泊だけして、高知へと向かいます。
お義母さん、お世話になりました また、来ますね~!

ケンヂの実家は、四国中央市という名だけあって、ほぼ四国の真ん中なので
どこへでも比較的行くことのできる利便性があり、(と言っても遠いのですが
実家の帰りに何度か高知へ立ち寄り、美味しい料理を堪能していたのですが、
検査入院前だったりして、ブログには掲載できずでおりました。
昨年の秋も、帰省予定を立て、高知のホテルも予約していたのに、
急に治療が始まることになり、やむなくキャンセル
なので、今回はばっちり、紹介させていただきますよ~

愛媛から、22個ものトンネルを越えて、お昼すぎに高知市内へ。
メインの繁華街である帯屋町筋にある、いつものホテルにチェックインし、しばし爆睡
起きたら、すでに夕方近く。ひえ~~
ケンヂは、美味しいお酒と料理がいただければ、それで良さそうだったのですが、
せっかく来たのに、それだけじゃ勿体な~い!

ホテルにあった冊子やネットで検索し、帯屋町筋にあるカフェに行くことに。
帯屋町へいざ!!

よさこい広告!
ちょうど昨日まで行われていた、よさこい祭りの吊り広告がところどころに!
素敵な笑顔~
豪雨で大変だったようですが、今年も無事に行われて良かったですね~!

しばらく歩くと、お約束のアレが。。。!

よさこい顔出し!
顔の角度もバッチシ お見せしたかったわ~

さて、目当てのお店に到着~!

土佐茶カフェ!
「土佐茶カフェ」。可愛いらしいお店です

知らなかったのですが、仁淀川、四万十川などの山間地域で栽培されていて、
苦みが少なく、香りの豊かさと、味の深みで人気が高いのだそうです。
日本でも有数の清流の近くで栽培されているお茶。ものすごく楽しみです

2階に通され、オーダー。
土佐茶カフェ・スイーツ!
ケンヂは、特上かぶせ茶を
まずは、氷を入れて冷煎茶で、そして次はお湯を入れてお煎茶でいただき、
最後はなんと、茶葉にきな粉と黒蜜を混ぜていただくという、驚きの趣向
他にも、ポン酢でいただく茶葉もありました。
最後の趣向は、ちょっと微妙でしたが、お茶はとても深みがあり美味でございました
私は、土佐茶スムージーあんこ白玉添えと、緑茶ロールケーキをば!
こちらも、とっても美味しくちょうだいしました~

夕食まで、まだ少し時間があるし、かなりお腹がいっぱいなので、
ぶらぶら高知城まで歩くことに
こんな繁華街の間近にお城があるなんて、情緒があっていいですね~!

有名なひろめ市場を抜け、追手筋を歩くと、山城が見えて来ました!
追手門近くには、山内一豊公の銅像が。

山内一豊公銅像!
りりしいですね~!私には、上川隆也さんにしか見えません(笑)!

追手門を抜け、今度は石の階段を上ります。
ひゃ~~!ちょっとつらいな~ すでにもう、汗だくです
やっと中腹。

高知城まで、あと少し!
中腹には、一豊公の賢妻、千代さんの銅像が。
私には、仲間由紀恵さんにしか。。。もうええて

そして、ようやくお城に到着~!はああ、疲れたよ~

高知城!
時間が過ぎていて、中には入場できませんでしたが、
天気も良くて、素晴らしい景観に心が癒されます~

さあ、汗も引いたし、ケンヂお待ちかねの夕食へとまいります。

大手筋を歩く!
途中、大手筋を歩くと、高知らしい色んなモニュメントが!
幕末の立役者、山内容堂公生誕地の碑や、
昨日まで行われていた、よさこい祭りの座席なども。見たかったな~!

再び、帯屋町筋に戻ると、浴衣を来た若い男女がワサワサいてびっくり!
2人組の女の子に声をかけて、何があるのか聞いてみると、
よさこい祭りに合わせて、前夜祭に行われる恒例の花火大会が、
大雨のために中止になったのが、今日順延で行われるのだとか。
高知弁で答えてくれて、感激~とても可愛らしいお嬢さんたちでした。

この日、ホテルに帰るまで、大勢の浴衣姿の若い人たちを見ましたが、
きちんと着こなしてる人たちの多いこと!
小物やアクセサリーで、着飾る子たちもいたけれど、基本は崩さずという
雰囲気が、とても凛としていて好感が持てました
エクセレントです~~

目当てのお店に行く前に、まずはここ。

はりまや橋!
はりまや橋!
小さな橋で、初めて見た時、失礼ながら、「はっ!?」と思ったものでしたが、
何度か訪れるうちに、愛着みたいなものが
沢山の人でいっぱいでした。待ち合わせ場所になってるのかな~。

さあ、いよいよ近くにあるケンヂお目当てのお店へ急ぎます!
美味しい海の幸に舌鼓

高知の旅後編も、乞うご期待です~~

どきどきひやひやパリ旅行!ラスト5日目! ~オルセーからオランジュリーそして空港へ~

2013/12/29 (日)  カテゴリー/旅行

楽しかったパリ旅行も、あっという間に5日経ってしまいました
最終日は、フライトの時間も遅いし、ゆっくり美術館を巡ることに!

遅めの朝食を撮り、荷造り完了~!
オランジュリー美術館に行くため、歩いてコンコルド広場まで行くことに。

パリの光景
この街並みとも、今日でお別れと思うと寂しいな~

途中、「とらや」さんのお店、発見!

とらやさんのショップ!
残念ながら夏休みであったが、可愛い和菓子のディスプレイにうっとり

マカロンのような。。。!
マカロンのような最中 美味しそうやなあ~!

可愛い落書き!
落書きでさえ、可愛い~

そうこうするうちに、コンコルド広場が見えて来ました!
さあ、リヴォリ通りを渡りましょう!
と、通りに差し掛かった時、何やら人がいっぱいで不穏な動きが。
まず、ケンヂが男性に止められ、私にも小柄な女性が近づき、渡れないと説明。
なんと、コンコルド広場が封鎖されたとのこと

あっ!悪い意味の封鎖ではなく、映画の撮影で封鎖されているらしいのです

コンコルドで撮影!
こうなると、何の映画か気になるな~。

取りあえず、コンコルドを渡れないということは、オランジュリーまで、
かなり、迂回しないといけなくなるので、どこかからチュイルリー公園に入れればいいか!と
進行方向を変えると、またスタッフの人が来て止められた。
なんと、リヴォリ通りも全面封鎖らしい。
これは、かなりの規模の映画と見た!興味津津!

私たちの後に、同じように止められた親子連れの日本人観光客がいて、
何の映画なんでしょうかね~?と話していると、
お嬢さんが、スタッフに聞いて来て下さった。

「『ルーシー』?で、モーガンフリマン?って言ってはりました。」

まああ、ありがとう~

早速、調べてみると、モーガン・フリーマン、スカーレット・ヨハンソン主演、
監督はリュック・ベッソンで、「Lucy(原題)」という映画とのこと!
全米公開は、来年8月予定!
わ~!心弾むね~

撮影車!
リヴォリ通りで待機中の撮影車。やっぱ、何だかカッコイイ~!
絶対、見に行くぞ~!!

さて、歩いて行く術を断たれたので、一旦ホテルに帰って、チェックアウトし、
荷物だけを預かってもらうことに。

あ~あ、今日は、帰りのフライトに備えて、出来るだけ歩きたくなかったんやけどな~

さ~て、仕切り直し!!
綿密に計画を立てて、オルセーに行ってから、オランジェリーに行くことに!

「マドレーヌ」駅から「アンヴァリッド」駅へ。

RERに乗り換え?
RER(高速郊外鉄道)に乗り換え、一駅でオルセーに着く予定♪

オルセーにたどり着けない!
それが、な、なんと~
工事か何かは不明だが、まさかの通行止め
なんて日だ~

すぐに、メトロに引き返し、「ソルフェリーノ」駅へ。
はあ、やれやれ

とりあえず、ここまで来たので、私の行きたかった雑貨屋さんをのぞくことに。

可愛い雑貨がいっぱい!
「ラパルトマン 7区店」。
おおお~!私の心をくすぐる雑貨ちゃんがいっぱい~~
しかし、しかし、ヴァカンスのため、お休みでありました。。。残念

気を取り直して、進みます!

やっとオルセー美術館へ!
やっとこさ、オルセー美術館に到着しました~~!

荷物検査の超強面のおじさんが、話しかけて来たので、怖々寄ってみると、
「This is  かばん」 と少しにやけながら一言。
あら、日本語が話せるところをご披露したかったのね。
その一言で何だかホッ!私も「Good!」と思わず返しました!
ありがとう!おじさん!

さて、中に入ると、懐かしい感じがほとばしる~!
8年ほど前にツアーで訪れた時、2時間ほどかけて、全部見まわったんだな~。
もう、パリに来ることなんかないやろから~と駆け足で見たな。
それから、2度も来ることができてるんやから、本当にシアワセなことだな

2011年10月に大規模リニューアル工事が完了したらしいので、
これもまた、楽しみ!!

しかし、しかし、驚いたことがひとつ!
作品はもとより、全体を見回せるロビーまでもが撮影禁止になっていた
8年前は、何でも撮影できたことにびっくりしたのに。。。!
何かあったんやろうか。

とにかく、ギャラリーからギャラリーに渡る橋の合間から、一枚だけ失敬!

オルセー一望!
作品は全然映ってないので、掲載させていただきました。
だって、あまりにも悲しすぎる~

後日調べてみると、今年6月頃に、撮影禁止になったとのこと。
理由は、デジカメなどのカメラだけでなく、携帯やスマホで撮る人が増え、
観賞する人の妨げになっているというものらしい。
しかし、その決定に、オルセー内での反発も多く、今後どうなるかは不明のようです。

さあ、ここもピンポイントで見まわりますぞよ!
リニューアルされた上階へ。
黒が基調となった印象派のギャラリーで、落ち着いて見やすい感じ。
ここでは、マネの「草上の昼食」や、ルノワールの「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」、
セザンヌの静物画、モネの積み藁などの名作がずらり!

この階には、「カフェ・カンパナ」が。

カフェ・カンパナ!
昔、駅舎だったことを偲ばせる大きな時計裏のカフェを、ブラジル人兄弟が
「海底二万里」にインスピレーションを受け、リニューアルしたものだとか。
ゴールドがベースになっていて、薄暗い店内によくマッチしてる

そして、中階へ!
こちらは、ゴッホやゴーギャンなどのポスト印象派の作品が一同に会している。
ゴッホの「自画像」、ゴーギャンの「タヒチの女たち」など、感涙ものです!

最後は、地上階。
こちらは、19世紀後半のバルビゾン派や新古典主義、初期印象派までが大集合。
ミレーの「落ち穂拾い」や、ロートレックの「踊るジャンヌ・アヴリル」、
カバネルの「ヴィーナスの誕生」、ガレの「手」など、こちらも傑作揃い!

やっぱ、見応え十分でありました!!

ヒポポタマスくん!
お外のヒポポタマスくん!

さあ、ここからセーヌ河を渡って、オランジュリーへ向かいます!

さあ、セーヌを渡ります!
あ~!いい天気やな~

バトビュス乗り場!
ちょうど、ここがバトビュス(水上バス)」や、パリ・カナル(サン・マルタン運河クルーズ)の
発着所になっているらしく、賑わっている~

ここでも、自転車の前かごにワンちゃんを乗せた黒人女性との語らいが!
「可愛い~!」と言ったら「おお!ジャポネ?」「ウイ!」(語らいと言っても
こんなものだ)とお互いニコッと笑い合い、ワンちゃんを触らせてくれました

チュイルリーに渡る橋。

橋からオルセーを見る!
橋半ばからオルセーを望む!
ここの橋にも、ポン・デ・ザール橋のように南京錠がいっぱい!
恋人たちが、わんさかいっぱいなのね~

チュイルリー公園!
チュイルリー公園へ!
日差しがきつい中、ここはかなり涼しい~

さあ、いよいよ、オランジュリーに到着しました~!!

オランジュリー美術館!
やっと、来れたよ

しかし、ここも、撮影禁止状態!ひえ~~
あ、あの「睡蓮」の連作が撮影できないなんてえ~

しかし、こちらは、3年前に撮っておいてよかった
その際のブログをご覧くださいませ~!

しばし、睡蓮の間に留まり、酔いしれました

さて、今回の旅行の美術館巡りでゲットしたものは。。。!

美術館で購入したもの!
まとまりないけど、この子たちです!モネのデッサンの方法が載った本が
あったんだけど、それもよかったな~!買っとっきゃ良かった

機材車!
コンコルド広場は、封鎖が解けていましたが、まだ機材車が
ところどころに残っていました。やっぱりワクワク

さあ、いつの間にかいい時間!
ホテルに戻って、荷物を取りに行きましょう!
スタッフの皆さま、お世話になりました~

帰りは、行きと一緒で、オペラからロワシーバスで行くことに!

CDGターミナル2E
シャルル・ド・ゴール空港ターミナル2Eへ。

ラデュレのショップ!
ラデュレのワゴンショップが~

ここまで順調にやって来たのに、最後の最後でハプニング

税関で、ケンヂの手荷物が、赤外線チェックで引っかかりました。
液体が入っているとのこと。
背の高いまたまた黒人強面の税関係の人がやって来て、荷物検査スタート!
がさごそ、まさぐっていた、その手に握られたのは、
私たち夫婦が愛用している携帯ウォシュレット!!

「ケンヂ、水抜き忘れたんとちゃうん?」「いいや、抜いたで~。」と確認。
係員も液体が入っていないのを確認し、再びかばんの中を見ると、
そこには、日本から持って来た、野菜ジュースのパックが!!
残ったのを、後で飲もうとかばんに入れて忘れてしまっていたらしい
取りあえず、原因は判明したので、その場で廃棄。

これで良かったと思ったら、係員が、再びウォシュレットに手を伸ばし、
不思議そうに見入っている。おいおい!勘弁してくれよう~
返してもらえないと困るので、「ウォシュレット ユー ノウ?」「ボディウォッシュ」とか
頭真っ白の二人には、もう使える単語が見つからない
すると、イライラしてきた係員が、「一体どこを洗うんだい?鼻か?」と
ジェスチャーしてきたので、これは負けてはいられない!と
夫婦同時にお尻に手をやり、「ヒップ!!」と言うと、しばらく目が点になった係員、
「ああ!」と気がついた途端、もう笑いが止まらない状態に 
5分は、思い出し笑いをしていたと思われます。Our Victory
とにかく無事に返してもらいましたが、きっと彼のこの日の食卓では、
「日本人がさ、お尻洗う携帯用のを持ってたんだぜ!一体どこまで綺麗好きなんだい?!」
という会話がなされていたことでしょう。
とにかく、知っていてくれただけでもよかった~

ホッとした後は、ラウンジへ。
3年前にも陣取った席に座り、軽い食事をば!

ラウンジで食事!
あ~、すっきりしたあ~!
向かって右側にあるリンゴケーキ、激ウマでした

マカロンもパックンチョ!
ケンヂに買ってもらったマカロン3つもぱくっといただきました

しばらくくつろいだあと、また弾性ストッキングを履き、帰途の準備をば!

さよなら!愛するパリよ~!
いよいよ、飛行機に乗ります!
さよなら、愛しのパリ~
きっと、また訪れるから、待っててね~~

11時間半後、成田に無事到着。
成田から伊丹へ。いよいよ大阪へ出発です!

成田から伊丹へ!
はああ、ほっこりする~

真下に大阪城!
さあ、いよいよ真下に大阪城が見えてまいりました

入院している時、窓からこの飛行機を眺め、調子の良い日も辛い日も
「絶対にこの飛行機に乗ってパリに行くんだ!」と思っていた、一患者の
漠然とした目標が、現実のものになるなんて。。。本当に感激で言葉になりません

そして、今この飛行機を見て、頑張ろう!と思っている戦友がいたら、
大きな声で「絶対に行けるよ~!」と心の中で、祈りました。

楽しい嬉しい、そして何より無事に元気で帰って来れたことが、私の自信につながり、
多くのがん友たちの勇気ともなりました!

残念ながら、この2カ月後、再び闘病生活が始まってしまいましたが、
また、同じように飛行機を見て、「また、絶対に行くよ~!」と、目標にしております

ケンヂさん、またすみませんが、よろしくお付き合いくださいね~

では、随分長い間かかってしまったパリ紀行は、これで終わりにしたいと思いますが、
また、番外編が出てくるやもしれませんので、その際は、またご覧になってやってくださいまし!

長い間のお付き合い、本当にありがとうございました~

どきどきひやひやパリ旅行!4日目! ~パリ市内散策とルーブル~

2013/12/22 (日)  カテゴリー/旅行

さ~て、やっと4日目に入ります!急げ~急げ~

ヴェルサイユに行くため、早めに起床するが、疲れが出て2人とも動けず
以前に2度行っているので、ヴェルサイユは諦めて、買い物とパリ市内を巡ることに!
無理はしない、しない!

とにかく買い物をしようと言うことになり、ゆっくり朝食を摂り、ホテルを出る。

オペラ・ガルニエ!
オペラ・ガルニエ。いつ見ても荘厳だわ~

ラファイエット!
ギャラリー・ラファイエットへ。今回は、先にメンズ館に行きます!

パリ・サンジェルマンでいっぱい!
地上階(日本でいう1階)には、パリ・サンジェルマンの特設ショップが。


1階(日本でいう2階)のグルメ館へ。
さすが、グルメ館!フロア全体が、食べるものでいっぱい!
おみやげ、いっぱいあり過ぎて、何を選ぼうか迷う、迷う~

やっと何とか選んで、今度は本館へ。
ここでも、おみやげを探します。

ラファイエットの中!
中心部の大きな吹き抜けがすごい~!!
吹き抜けに面した各フロアーの手すりは、劇場のバルコニーのよう。綺麗~

両手に大きな紙袋を持って(ケンヂが)、ホテルへ一旦帰り、
ゆっくり休んでから、再び出かけます!

パリ・ミュージアム・パス2日券を、今日と明日の2日間で利用することにしたので、
出来るだけ、パスを使えるところをまわりましょう!

まずは、近くにある、マドレーヌ寺院へ。

マドレーヌ寺院!
大きなずっしりした外観で、周りを取り囲む何本もの柱が圧巻。
中にあるパイプオルガンが有名らしく、定期的にコンサートを開いているのだとか。

マドレーヌのコンサート!
日本からも予約出来たらしい。う~む、残念

さあ、これから5区のカルチェラタンを散策します!

「マドレーヌ」駅から「モベール・ミチュアリテ」駅へ。
うっ!なんと上り坂 予想してなかっただけに、きっついわ~

思わぬ坂道!
はあはあ言いながら、歩いてます。頑張れ!私

パンテオン!
壮大な丸いドームが印象的なパンテオン。こちらも、一部修復中でした。

フーコーの振り子があった場所!
1851年、物理学者フーコーが、巨大な振り子を用いて、公開実験を実施し、
歴史上初めて、地球の自転を証明した場所がここ!
しかし、現在修復工事のため、今は展示していないとのこと。見たかったなあ~

地下へ移動し、フランス史を彩った偉人たちのクリプト(地下埋葬所)へ。

偉人たちの墓所!
墓所ということもあってか、何となく冷やっとします。
一人やったら、絶対行けへんな~。

とにかく、中は広い!そして同じような造りの場所があり、暗いし、迷いそう!

ヴィクトル・ユゴーの墓所。
ここは、「レ・ミゼラブル」の筆者、ヴィクトル・ユゴーが眠っているところ。
墓所の画像も撮影出来ましたが、掲載するのは止めておきます。

他にも、キュリー夫妻や、エミール・ゾラ、ヴォルテールなど、
様々な分野で、フランスに貢献した文化人、学者、政治家などが眠っておられます。
合掌

剣と楯!
出口横のおみやげショップには、面白そうなグッズがいっぱい!
子供用の剣と楯すっごく買いたかったけど、結構大きかったので断念
せがまれて、購入されてる子供連れが羨ましかったな~。

パンテオンの正面から、エッフェル塔が見えます。

エッフェル塔が見えるかな?
ものすごく遠いけど、確かに見えます!

さて、それでは、次の目的地に向かいましょう!

フランスの最高学府である、ソルボンヌ大学の横を通って、てくてく坂を下ります。

ソルボンヌ大学!
中庭までなら、誰でも入れるみたいですよ~。

そのソルボンヌのすぐ向かいが、クリュニー中世美術館

クリュニー中世美術館!
紀元前3世紀頃のローマ浴場跡に建設された大修道院を利用した建物。

中庭で巨大チェス!
中庭に、巨大なチェスが!なんだか可愛い~

こちらも、ミュージアムパスで入場。

入ってすぐのスペースに「貴婦人と一角獣」のフィルムが流れていました。

貴婦人と一角獣のフィルム!
綺麗なタペストリーやわん

大阪に来てますねん。
実は、この有名なタペストリー。一連の作品が、この時期、大阪に来ていたのです。
皆さん、きっと、これ目当てで来てはるのよね~。と思うと、何だか申し訳ない気持ちに。。。
すみません!私は大阪で拝見いたしますわん!

と、ここで、まだアップしていなかった9月23日の「貴婦人と一角獣」展の画像をば!

貴婦人と一角獣展in大阪!
国立国際美術館で催されていた「貴婦人と一角獣」展へ!
この日は、仙台から来られていたルルさんと一緒に来場。
美しいタペストリーに心打たれました

ということで、違う作品を見ることにいたしやしょう。

ステンドグラス!
ステンドグラスが美しい~! さすが、元教会ですね~

綺麗なタペストリー!
こちらにも綺麗なタペストリーがありましたよ!

少々疲れたので、最後の部屋で窓際にある椅子に座っていると、
先生に引率された小学生たちが、10名ほど順番に上がって来た。
次の部屋に移動するには、ちょうど私の前を通らなければならず、
窓から入って来る明るい光を背に受けた私を見て、一瞬「えっ!」という
顔をする子供たちのリアクションが、実に活き活きと漫画みたいで面白かった
驚かせてごめんね~、子どもたち

さて、一度またホテルへと帰る前に、駅近くのスーパー「モノプリ」に立ち寄り。

モノプリでお買い物!
またまた、おみやげでカゴがあふれます!

レジに行くと、2人の従業員の女性が、私たちを見て、何か話しています。
レジに進むと、その1人が、「ワタシ、ニホンゴ、スコシ、ハナセマセン」と
片言の日本語で話かけて来ました。
「いいえ。うまいですよ!」と返すと、「オ・ルボワール」を日本語では
何と言うのか?と聞いてきたので、「さよなら」と教えると、
嬉しそうに、何度も反復されてました!
こういう交流も楽しいですね~

「クリュニー・ラ・ソルボンヌ」駅から「マドレーヌ」駅へ。
ホテルに帰って、またまたしばらく休憩を取ります。足腰伸ばします~!

少し充電したあと、歩いて、オペラにある「レオン」へ。
4年前にも来ましたが、今回ケンヂが懐かしく、ぜひ食べたい!ということで再訪。

トマトベースのココット!
ケンヂは、トマトベースのココットを!
う~ん!ムール貝は、当然のことながら、トマトがいっぱい

白ワインベースのココット!
私は、白ワインベースのココットを!
こちらも、セロリとマッシュルームが、いっぱい!いい味出してる~♪

またまた、ぺろりといただきました 美味しかった~!

さて、お腹もいっぱいになったし、今日、水曜日は22時まで開いてるという
ルーブルに行きましょう~

「オペラ」駅から「パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーブル」駅へ。

ルーブルへ!
すぐにルーブル美術館に到着~!
相変わらずすごい人で、ごった返してます

さあ、中に入ります!

ルーブルのイベント!
4月25日から9月2日まで、イタリアのミケランジェロ・ピストレットの
特別企画が催されてました。この∞マークもその一貫のようです。

彼の作品は、常設企画室の作品たちに混じって現れ、ちょっとびっくり
まさに伝統的な作品と現代アートの融合といったところでしょうか。
さすが、ルーブル。大胆ですね~!

せっかくなので、一部ご紹介。

ぼろきれのヴィーナス!
ぼろきれのヴィーナス。

ミラーを使ったトリックのようなもの。
ミラーを使ったトリックアートのような作品。
ブルーの服を着た清掃員だけが、実際に描かれており、他は、本物の観客です!
なかなか面白い発想

さあ、すごい人やし、足も痛いし、今回も見たいものだけ、ピックアップしましょう!
ドゥノン翼の2階へ。やっぱり一番人気のこのギャラリーへ!
名作中の名作が山ほどあるし、4年前にも画像を載せているので、
ここも少しだけ、ご紹介☆

サモトラケのニケ!
サモトラケのニケ。
2013年9月2日から大規模修繕工事に入り、次に見れるのは
2014年の夏なんだとか。
見れて良かった~

一番前でも!
お次はグランドギャラリーのセンターに鎮座するこのお方。
今回は、頑張って一番前で撮影しましたが、一番前でも、この距離
すごいね~!

ダ・ヴィンチやドラクロワなど、イタリア、フランス絵画の傑作を真近で見て、
あ~、胸がいっぱい!心が洗われるわ~

今日は、まだ早いけれど、ここで終了!
疲れが溜まっているので、ゆっくり休むことにいたします。

さよならルーブル!
さよなら、ルーブル!また、会いましょう~

リヴォリ通りを歩いて、ピラミッド広場へ。

黄金のジャンヌダルク像!
途中で、ケンヂの好きなジャンヌ・ダルク像に再会
いつ見ても綺麗やね~

「チュイルリー」駅から「マドレーヌ」駅へ。
ホテルへ帰って、ゆっくりバスタイム
明日に備えて、早めの就寝と相成りました!

今日も、有意義な一日でした~!!


さて、次は、とうとうラストデイ!
オルセーからオランジュリー美術館を巡ります。
途中、思わぬハプニングが~!!でも嬉しい出来事でした

年内には、アップしますので、ぜひ、ご覧になってくださいね


☆おまけ!

パリの地下鉄構内は、とてもアート!
今日行った駅も、とってもキュートでした

クリュニー
「クリュニー・ラ・ソルボンヌ」駅。

コンコルド
「コンコルド」駅。

イスのカラーも、駅により変わっていて、なかなか楽しめます!

マドレーヌ
「マドレーヌ」駅。

あまり人が多い時は、画像を撮るのは失礼だな~と控えてたので、
紹介できるのは、これぐらいですが、またパリに行かれる際は、
ぜひ、ご覧になられてはいかがでしょうか?



どきどきひやひやパリ旅行! 3日目②!~マレ地区散策~と退院のお知らせ!

2013/12/06 (金)  カテゴリー/旅行

こんばんは~!
やっと、10月に購入した新しいパソコンを使って、何とかお送りしております 
ああ、Win8 難しい~

日に日に寒くなっておりますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

3回目の治療を終え、先月30日(土)に退院して来たのですが、
ここへきて副作用が強く、緊急でレントゲンを撮りに病院へ出かけたり、
下腹部の痛みが、なかなか引かずと、少しぐったりとしておりました

やっと、一昨日から痛みが薄らいで来て、昨日、今日は少し膀胱辺りの
気持ち悪さがあるぐらいで、落ち着いてきております。

痛みがあると、普通の状態のありがたさが、ほんに身に沁みまする

今回は、治療もようやく半分、薬が効いているかどうかのCT検査が、
12日に実施されます。
結果は、17日!絶対に効いていると信じて臨みます
また、お知らせいたしますね!

ではでは、大変遅れております、パリ紀行をご覧くださいまし~


さて、感動のジヴェルニーからパリ市内に戻り、マレ地区へ!
Tさんに再びアテンドいただいて、色んなお店を巡る予定!やった~

ポンピドゥーセンター!
「ランビュトー」駅で降り、ポンピドゥー・センターを横目に。。。

イゴール・ストラヴィンスキー広場!
とっても変わった広場が登場!
イゴール・ストラヴィンスキーと言うロシアの作曲家の名前を冠した広場。
面白いオブジェや絵が並びます!
奥の壁画は、ダリ?と思っていましたが、ジェフ・アエロソルという
ストリートアーティストの自画像なんだとか!

お腹が空いたので、マレと言えばここ!
ファラフェルで有名な「ラス・デュ・ファラフェル」へ!

ファラフェル食べたい!
お店も店頭もすごい人で、ごった返しています!
Tさんに、時間の予約をしていただき、その間に街めぐりをすることに♪
う~、しかし、ええにおい~ 余計にお腹減ったわ~!

少しセレクトショップなどを案内していただき、目の保養~
店頭は、すでに冬。
カラーバリエーションも、素材もほんにほんに素敵~~

もしかしたらとは思っていたけど、Tさんも以前アパレルでお仕事されていて、
フランスの某有名メゾンでの経歴をお持ちで、日本では、よく私の勤めていた会社の
インポートアイテムをお買い求めになられていたのだとか!
まあ、なんというご縁でしょうか

時間が来て、さあ、いよいよランチです!

いよいよ!ファラフェル!
店に通され、ファラフェルをオーダー!

ユダヤ人が多く住むマレ地区は、パリのファストフードとして
愛されているファラフェルのお店がたくさんあるそうなのですが、
ここのお店がダントツで人気なんだとか!
テレビのパリ特集などでも、よく見ていたので、一度食べてみたい!と
思っていたのです!

これがファラフェル!
やった~!来た来た!憧れのファラフェル~

ひよこ豆のコロッケとサラダを挟んだボリュームたっぷりのピタパンのサンドウィッチ。
一つひとつのコロッケがすごく大きくて、アツアツで、一口では食べきれない~!
秘伝のソースが、むっちゃうんまい~
サラダもボリューミーで、食べ応えたっぷり
あ~~、シアワセだな~

自家製レモネードもうまし

さあ、お腹いっぱいになったことだし、再びセレクトショップめぐりを!
この周辺は、比較的ショップも開いていて、洋服、アクセ、雑貨などを見まくり!
しかし、朝から歩き回っている足腰には、かなり負担が。。。

パリ最古と言われる、ヴォージュ広場でしばし、くつろぐことに。

ヴォージュ広場!
周りには、その昔、貴族などが住んだ赤レンガ造りの豪華な館が多く、景観が素晴らしい~!
靴を、ポイッと脱ぎ捨て、くつろぎます!

Tさんとケンヂは、近くにあるジェラートで有名な「アモリーノ」へ!

きゃあ~ 可愛い~!

花びらジェラート!
ショコラとアーモンド(やったと思う)とマンゴーの3色花びらジェラート
ん~、ボリューム満点で、まろやかで濃厚で美味しい~
しあわせだにゃ~

しばし3人でくつろいだあとは、ボーマルシェ大通りまで出て、バスで北マレまで移動。

4年前に来た時は、改装中で見れなかった「メルシー」へ!

メルシー!
わ~い!やっと見られる~

しかし、中に入って雑貨とレディースアイテムを見始めたところで、
閉店なので、ここまで!と言われてしまった!
なんと、今度は時間切れ
ケンヂは、2階にも上げてもらえなかった

いいさ!また次回の目標にするモン!(また、行く気です

ここで、本日のセレクトめぐりは終了~!お疲れさまでした

夕食をどこでしようか、何を食べようか、相談した結果、
ランチも遅めだったし、軽く行きましょうと、
サン・ジェルマンのガレットのお店に行くことに決定!

ケンヂは、Tさんへのおみやげをホテルまで取りに行き、
Tさんと私は、「サン・セバスチャン・フロワサール」駅から
最寄り駅の「オデオン」駅へ移動し、駅前のスタバの2階で、お茶!
何だか、場所がパリっていうだけで、スタバもオシャレに見えるから不思議だな。

さあ、時間になり、下へ降りると、爽やかなフランス人男性がこちらを見てニコリ。
「あっ、こちらが彼のRです。」とTさん、嬉しそうに紹介!

わあ~、素敵な人~と思った瞬間、今日Tさんが話していた内容を反芻。
『日本語は話せないんですよね~』って言ってたよね。。。ひゃ~~
頭真っ白になって、もじもじしてたら、「初めまして~」と彼から挨拶してくださいました!
た、助かった~! こちらこそ、よろしくお願いします!!

近くまで来ていたケンヂと合流し、ディナーの場所まで向かいます。

パッサージュ!
「パッサージュ・ドゥ・ラ・クール・デュ・コメルス・サン・タンドレ」という
16世紀の建物が並ぶ、長い長い名前のパッサージュを通ります。
(Tさんの左側が、Rさんです!イケメンだし、お顔も小さいし、ホント素敵

抜けて、少しまがると、お店がもうそこに。。。!

クレープリー・サン・ジェルマン!
「クレープリー・サン・ジェルマン」

中に入ってメニューを見ると、結構沢山のクレープ&ガレットが。
ガレットだけと決めて、フランス語の分からない私たちのために
Tさんがメニューを一番上から読み上げてくださいます。
分からない具材などは、Rさんに確認しながら説明してくださり、
おかげさまで、全て理解することが出来ました!!
何から何までお世話になりまする~

オーダーし、待つ間に、シードルで乾杯~
ガレットと相性がいいんですって!

シードル!
ん~、日本で飲んだことのある、想像していたリンゴ酒とは違うな~。
甘さはかなり抑えめで、アルコール度数も高く、立派なお酒って感じ。

さあ、ガレットがやって来ました!

ベーコン入りのガレット!
ケンヂは、ベーコンや野菜の入ったガレット。

ヤギのチーズとネギのガレット!
私は、ヤギのチーズとネギ入りのガレットを。
ヤギのチーズにハチミツをたっぷりかけていただきます!

ヤギのチーズ(シェーブルチーズ)は、初めての経験。
クセがあると聞いていたので、少しドキドキでしたが、ハチミツと相性がよく、
ネギと一緒に美味しくいただけました

やっぱ、ガレットにして正解やったな~
Rさんとも、Tさん通訳で、色々とお話出来て楽しかった~

食後は、4人でシテ島までぶ~らぶら歩くことに!
待ち合わせ場所に使われる、サン・ミッシェル広場を抜け、シテ島へ。

シテ島へ!
ライトアップされたノートルダム寺院が綺麗~

ノートルダム寺院の前に、広場があるのですが、
ここに大きな階段が設営されてて、びっくり!

850周年!
なんと、展望台も現れた~!
今年2013年は、建立850周年なんだとか!なるほど!

ノートルダム寺院!
階段の上から撮影 さすが、フランスのゴシック建築の最高峰!素晴らしい!
ミサが終わったところで、大勢の信者の方々でいっぱい!

バーに誘っていただきましたが、翌日ヴェルサイユへ行く予定だったため、
ここでお別れすることに。

パリ市庁舎!
パリ市庁舎。
こちらもネオ・ルネッサンス様式の荘厳な建物!
もお~、いちいち素晴らしい~

市庁舎角にある「オテル・ドゥ・ヴィル」駅まで送っていただき、
お別れの挨拶をば!
ものすごく楽し~い、濃密な一日でした~
Tさん、ムッシュR、貴重な時間をお付き合いいただき、本当に感謝です!
また、ぜひお会いしましょうね~

まるで夢のような出会いに、感動~

また、来年も案内してもらおうな~と言いながら、
足に湿布を貼りたくり、ベッドにバッタリな私たちなのでした!


お次は、やっと4日目!
パリ市内色々めぐりとルーブル編(あれ?ヴェルサイユは?)を
お送りします。

何とか、今年中には完結したい~~ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。